(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

DAIV Z7をレビュー!第11世代インテルCPUとGeForce RTX3060を搭載したクリエイトPC

WRITER
 
DAIV Z7,レビュー,比較,おすすめ,ブログ,評価,性能,口コミ
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターの「DAIV Z7シリーズ」をお借りしたのでレビューします。

Core i7-11700×RTX3060という組み合わせで、高いパフォーマンスを発揮できるのが魅力。高画素フラッグシップカメラのRAW現像や、4K動画編集、最新ゲームまで高負荷作業もこなせます。最高のクリエイティブ環境の構築が可能を目指して検討してもらいたいモデルになっています。

DAIV Z7 シリーズとは?

DAIV Z7,価格,公式写真,レビュー,比較,

マウスコンピューターが展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」があります。

当サイトは写真や映像関係の情報を発信しているサイトですので、クリエイター向けのDAIVを中心に紹介しております。過去にはDAIV Z7との夢のコラボモデルを限定販売させていただいたこともあり、個人的にも一押しのブランドになります。

高負荷なクリエイト作業にも耐えられるほどのパフォーマンスがありますし、そういった面でのストレスとは無縁なのが特徴です。つまり制作活動に没頭できるモデルでもあり、多くのクリエイターからも高い支持を得ているのがDAIVです。。

前置きが長くなってしまいましたが、DAIV Z7シリーズの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • 高画素RAW現像や動画編集に最適
  • リアルな映像表現を可能にする最新グラフィックを搭載
  • 無骨なデザインはBTOパソコンでトップクラス
  • 使い勝手や拡張性に優れている
  • 多くのクリエイターに人気のPC
はるペン
クリエイターのためのPCですね!

DAIV Z7 スペック

DAIV,デスクトップ

DAIVのシャーシは無骨なデザインとなっており、もはや定番化してきた感があります。ひと目見たらDAIVとわかりますし、認知度も存在感もどんどん増しています。個人的には、BTOパソコンの中ではトップクラスのかっこ良さだと思います!

スペック
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-11700
  • GPU:GeForece RTX3060
  • メモリ:32GB
  • ストレージ:512GB SSD +2TB HDD
  • 電源:700W
  • サイズ:約190×490×410
  • 重量:約11.4kg

公式サイトで確認する

RAW現像動画編集ゲーム

DAIV Z7には多数のモデルが存在していますが、今回レビューするのは最もスタンダードなモデルです。

この他にもコマーシャルで露出を強めている「DAIV Z7-CM」や、GPUにプロ御用達のQuadroを搭載した「DAIV Z7-QR」「DAIV Z7-QP」などがあります。価格は20~30万円前後と幅広く、好みの1台を選べるというのはメリットの1つです。

DAIV Z7,外観,写真

サイズは190×490×490mmで、重量が約11.4kgとなっています。開梱から設置までそれなりに体力が求められますが、キャスターとハンドルが付属しており、ユーザーをサポートしてくれます。デスク下から引き出して裏側にアクセスしたり、内部をメンテナンスしたい時など何かと便利です。

 

DAIV Z7のインターフェース

DAIV Z7,インターフェース

正面側には電源ボタンの他にUSB3.0のポートを2つ装備。背面にはUSB2.0、USB3.0、USB3.2(Type-C)、HDMIやDisplayPortを備えています。(モデルより多少異なります)

クリエイターが所有する多数のデバイスを接続してもポート不足に陥りにくく、高速転送を可能にしているのが特徴です。クリエイターにはつきものである大容量データの問題もクリアしています。

オプションで選べるカードリーダーはフロントカバーを外すことで顔を出します。

 

DAIV Z7 性能レビュー

CPU性能:Core i7-11700

DAIV Z7,レビュー,ブログ,性能,ベンチマーク,CPU,Core i7-11700

DAIV Z7はCore i7-11700を搭載しています。カスタマイズ費用を1万円ほど追加すればCore i7-11700Kに変更もできます。

高性能なCPUは、より高度な処理を効率的に行える可能性が高くなりますし、処理時間を短縮することで「時間を生む」というメリットをもたらしてくれます。こだわってみるのも良いでしょう。

参考までに、一部のCPUと比較した例をご覧ください。PassMarkのデータを参照しています。

CPUスコア
Core i7-1170021739
Core i7-11700K25075
Core i7-1070017239
Core i9-9900K18824
Ryzen 7 5800X
28495
Ryzen 5 5600X22168
Ryzen 7 3700X23857

Core i7-11700は、従来のCore i7-10700と比較すると約26%性能がアップしています。これはCore i9-9900Kをしのぐほどの性能ですが、ライバルのRyzenと比較するとやや目おとりするかもしれません。

ただしこのスコアはあくまで参考です。RAW現像や動画編集などの実行速度と直結しないケースもありますので、この後チェックしていきます。

 

SSD:転送読度

Mouse K Cドライブ

NVMe SSDの参考速度

DAIV DGZ520 HDD(D)

HDDの参考速度

DAIV Z7は、512GB SSD +2TB HDDのデュアルストレージ構成にしています。普段扱うデータやOS、写真、動画の取り込みは高速なSSDで、保存用のデータはHDDに保管するといった使い方ができます。

読み込み速度は実測で最大2100MB/sの速度が出ていました。

これはNVMe SSDとしては標準的な速度ですが、本体価格やクリエイトブランドであることを考えるともう少しこだわって欲しかった気がしないでもないです。

GPU性能:GeForce RTX3060

DAIV Z7のGPUは、最新技術に対応したGeForce RTX3060です。VRAMが12GBと多いので動画編集などの作業に有利です。

FF15のゲームスコア

DAIV Z7,レビュー,ブログ,ゲーミング性能,ベンチマーク,GPU,RTX3060,FF15

モデル(GPU)設定スコア
DAIV Z7
(RTX3060)
1920×1080(標準品質)11522(とても快適)
3840×2160(標準品質)4274(普通)
raytrek ZF
(RTX3070)
1920×1080(標準品質)16658(非常に快適)
3840×2160(標準品質)6646(快適)
G-Tune EP-A
(RX6700XT)
1920×1080(標準品質)15430(非常に快適)
3840×2160(標準品質)5477(やや快適)
G -Tune EP-Z
(RTX3080)
1920×1080(標準品質)18538(非常に快適)
3840×2160(標準品質)8564(快適)

FF15のスコアは4K標準設定でも普通という結果になりました。

ゲーミング性能的にはもう一歩欲しいところですが、RTX3060としては標準的なスコアです。ゲーミング性能にこだわりたい人や、高解像データ編集が前提の人は、RX6700XTやRTX3070を搭載したモデルを選んだほうが後悔が少なさそうです。

また、今回レビューしたDAIV Z7ではGPUの変更ができないようなので慎重に選択してください。

 

クリエイト性能をチェック

RAW現像

実行速度をチェックするためにRAW現像にかかった時間を計測します。

テストの内容は、無料現像ソフトの「RawTherapee」を使って100枚のRAWデータの一括変換にかかった時間を計測。(設定はJPEG品質は90%、高画質です)

モデルCPU時間
DAIV Z7Core i7-117002分58秒
G-Tune XM-ZCore i7-10700K2分55秒
DAIV Z9Core i9-9900K3分20秒
raytrek ZFCore i9-10900K2分58秒
G-Tune EP-ARyzen 7 5800X2分39秒
自作PCRyzen 5 5600X2分41秒
G-Tune EP-A(旧)Ryzen 7 3700X3分12秒
DAIV A7(カスタム)Ryzen 9 3900X3分03秒

RAW現像処理時間は2分58秒になりました。

ここ最近のCPUはどれをとってもRAW現像に必要な性能を満たしています。DAIV Z7も例にもれず、しっかりと処理が行えますので安心して使うことができました。従来のCore i9に匹敵するか、それ以上という意味では当然かもしれませんね。

あとはどれくらい処理が短縮化できるか?ですが、案外大差がついていないように感じませんか?意外と強かったのはRyzen 5 5600Xですね。

Core i7-11700単体の値段が4万円、Ryzen 5 5600Xが3.5万円…数々のアプリで実績のあるIntelを選ぶかは難しい判断です。

 

動画編集

動画編集能力をテストするために無料ソフトのResolveを使いテストを行いました。

ミラーレスカメラで撮影した4Kデータを使って簡単な動画を作成→レンダリング(FHD)の時間を測定しています。

モデル構成処理時間
DAIV Z7Core i7-11700×RTX30602分05秒
G-Tune XM-ZCore i7-10700K×RTX30701分35秒
DAIV Z9Core i7-10700K×RTX2080S1分34秒
raytrek ZFCore i9-10900K×RTX30701分15秒
G-Tune EP-ARyzen 7 5800X×RX6700XT1分25秒
GALLERIA XA7R-R36Ryzen 7 3700X×RTX30601分36秒

動画編集の処理能力は少し寂しい結果でしょうか…検討範囲に近い構成のモデルと比較すると、やや時間がかかってしまっています。もちろん動画編集に必要な水準には達しているという前提ではあるものの、積極的に選ぶには他の理由が欲しいような気がします。

DAIV Z7,レビュー,ブログ,動画編集,ベンチマーク,blackmagicRAW
Blackmagik RAW Speed Test

DAIV Z7 ベンチマーク

続いては、CPU、GPU、メモリ(RAM)、ストレージのパフォーマンスチェックのために「Novabench」でテストします。

DAIV Z7,レビュー,ブログ,性能,ベンチマーク,CPU,GPU,novabench

モデルDAIV Z7GALLERIA XA7R-R36
総合37663968
CPU20372108
GPU11821250
RAM351323
Disk196287

DAIV Z7の総合的な評価をくだすのであれば「標準的」です。Ryzen 7 3700X×RTX3060のGALLERIA XA7R-R36で約19万円ですがスコア的には下回ってしまうことに…

市場の販売価格的な背景をふまえ天秤にかけても「そんなもん」(やや割高かも?)という感じですね。筐体デザインやハンドルの利便性、マウスコンピューターの手厚いサポートを考慮してプラスに転じるという感覚です。

マウスコンピューターはセールにも力を入れているので価格が20万円前後になるタイミングを狙ってみるのもありだと思います。

【定期更新】マウスコンピューターのセール情報!おすすめのモデルはどれ?【DAIV/G-Tune/mouse】

DAIV Z7の感想や評価

良いところ

  • スタンダードPCと呼ぶにふさわしい性能
  • 無骨ながら利便性の高い筐体
  • メンテナンス性、デザイン性に優れる

DAIV Z7は、クリエイターにとってスタンダードと呼ぶにふさわしい性能をもつマシンに仕上がっています。大抵の作業でストレスを感じるようなことはありません。数年前のパソコンからの更新であれば、むしろ処理の速さに感動してもらえるはずです。

キャスターやハンドルといった利便性の高さも魅力で、クリエイターの行動をデザインに落とし込んでいるのは素晴らしいです。

 

ちょっとイマイチなところ

  • 性能がもう一歩ほしい
  • キーボード、マウスが付属しない

DAIV Z7のパフォーマンスは良い意味でも悪い意味でも平均点です。同じ値段をかけるなら上位GPUを搭載したモデルも選べますし、Ryzenに魅力を感じる人もいるでしょう。キーボードやマウスも付属していないことを考えると予算はまだまだ膨らみそうです…

かつては王道的な意味でスタンダードでしたが、今のDAIV Z7には平均点というスタンダードになってしまっている印象さえあります。ちょっと厳しい言葉になってしまいましたが、それだけ期待や愛着を込めているモデルだからこそです。

 

DAIV Z7をおすすめしたい人

DAIV,デスクトップ

  • クリエイティブ用途で使いたい人
  • しっかり遊べるPCが欲しい人
  • カスタマイズをして遊びたい人
  • サポートが気になる人

マウスコンピューターのDAIV Z7をレビューしてきました。

多くの作業をしっかりとこなせるDAIV Z7は、ビギナーからハイアマチュアまでしっかり遊べるモデルになっていると感じます。性能面ではもう一歩欲しいところもありますが、実用的に気になることはまずないでしょう。カスタマイズ性にも優れているので、パーツを載せ替えることで長く愛用できる相棒になってくれると思います!

DAIVはノートパソコンもメインで使えるほど高性能なので、コチラも検討しても良いかもしれません。→DAIVのノートパソコン全比較!

また、マウスコンピューターは国内生産の品質と、良心的なアフターサービスも魅力的なので安心して購入することができます。マウスすコンピューターのパソコンを候補にあげている人の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2021 All Rights Reserved.