(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ASUS ProArt Display PA279CVをレビュー!色精度に優れた4K UHD高クオリティモニター

WRITER
 
ASUS ProArt Display PA279CV,Mac,感想,レビュー,ブログ,おすすめ
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

ASUSよりProArt Display PA279CVをお借りしたのでレビューします。

27インチ 4K(3840 x 2160)解像度、sRGB 100% /Rec.709 100%をカバー、65W充電可能のUSB-Cポートを装備、業界最高の色精度(ΔE<2)を保証、、出荷前キャリブレーションレポート添付…などなど写真や動画を高精細な映像で楽しむことができます。これだけ高機能で実売5万円台くらいの販売は、なかなかコスパが良いです。

しばらく使ってみて、良かった点や、少しイマイチだなと思った点など、感想を書きたいと思います。

ASUS ProArt Display PA279CV レビュー

ASUS ProArt Display PA279CV,Mac,感想,レビュー

特徴
  • 27型ワイド(3840×2160)
  •  ノングレア、IPSパネル
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 画素ピッチ:0.155mm
  • USB C  (65W power delivery)
  • 最大輝度:350cd/㎡
  • コントラスト比:1000 :1(ASCR: 100000000:1)
  • 100% sRGB / 100% Rec. 709 / DCI-P3 80.79%
  • 応答速度(グレー→グレー):5ms
  • 最大表示色:約10億7,374万色
  • HDR 10
  • フリッカーフリー搭載
  • ブルーライトフィルター:搭載
  • VESA規格対応(100mm×100mm)
  • 2W +2Wステレオスピーカー搭載
  • 重量約8.6kg
  • サイズ:幅614mm×奥行き227.82mm×高さ523.5mm

ASUS Storeをチェックする

ProArt Display PA279CVは、4K 高解像度とsRGB比100%をカバーする高品質モニターです。作業領域の広さと、精密な色再現という点において優れており、静止画、動画を問わずにコンテンツを楽しむことができます。さらにType-C給電や、ステレオスピーカーも搭載されており、実売5万円台であることを考えると驚異的なコスパだと思います。

色域のカバー率はもう一歩といったところなので、Adobe RGBをカバーすることが求められるようなプロの現場では厳しいかもしれません。とは言え、Webコンテンツ制作や、ハイアマチュアからすると十分実用に耐えられるレベル。精度の点では全く問題ありません。

はるペン
色域×高解像を両立したらお値段もはりますからね

 

ASUS PA279CV 開封・組立・設置

付属品・オプション

ASUS ProArt Display PA279CV,付属品,DP,HDMI,インターフェース

付属品は取説、電源ケーブル、USBケーブル、DisplayPort ケーブル、保証書、キャリブレーションレポートです。ちなみに保証は購入日より3年なので安心して使えそうですね。

ASUS ProArt Display PA279CV,組立,スタンド,

ASUS ProArt Display PA279CV,組立,アーム

スタンドは割と存在感があります、ぐらつきを抑えるためにモニターの前まで突き出します。アームはここ最近ちょっと体験したことがないくらい軽かった。剛性とかは多分問題ないのでしょうが、ちょっと気になるポイントでしたね。

VESA規格にも対応しているので、モニターアームを使ってもいいかもしれません。

ASUS ProArt Display PA279CV,組立,アーム

ASUS ProArt Display PA279CV,ケーブルホルダー

スタンドとアームは、ツールフリーで固定できるのが簡単で良いです。またアーム裏には配線をまとめておけるような工夫も施されています。ただし挟み込むだけなので、大量のケーブルを押し込むと「そのうち壊れない?」と心配になります。

 

インターフェース

ASUS ProArt Display PA279CV,付属品,DP,HDMI,インターフェース,USB

インターフェースは、DisplayPort 1.4 x 1、USB C x 1 (with 65W power delivery)、HDMI 2.0 x 2、USB3.0 Upstream x 1、Downstream ports x 4 with BC1.2 charging capability、3.5mmステレオミニジャックです。

ASUS ProArt Display PA279CV,Mac,感想,レビュー

トレンドのType-Cに対応しているので、MacBookとケーブル一本で接続といったことができます。デスク上をスッキリさせれるのは本当に嬉しいポイントですよね!インターフェースは充実しているので、PSやSwitchなどのゲーム機を複数接続する人にも対応できるでしょう。

注意点があって、M1Macはなぜかケーブルをつなぐだけでは認識されませんでした。充電はされるのですが、再起動しないと映像は出力されませんでした。

これはモニター側というより、PC側が原因かもしれませんが購入を考えている人には知っていてほしいポイントです。

 

スピーカーの音質は普通

ProArt PA279CVは、2W +2Wステレオスピーカーを搭載しています。音質は軽めではありますが、コストを抑えながらもスピーカーを搭載してきたのは意欲的だと思います。うまくバランスをとってきたなという印象を受けました。

とは言え、これくらい高品質なモニターですので、音質にもこだわりたい人は多いはず。実用レベルではありますが、好みに合わせてスピーカーやヘッドフォンを使うとより満足度が高まるはずです。

ベゼルレスデザインでスリムな印象!

ASUS ProArt Display PA279CV,画質,感想,レビュー

ProArt PA279CVは、三辺ベゼルレスのスッキリしたデザインです。枠がないので映像に集中できるだけでなく、デスク上で野暮ったさを与えないのが好印象です。

モニター下部には、なぜか目盛りが装備されているんだけど、なに目的で使うんだろう?印刷物のイメージをつかむためかな??

ASUS ProArt Display PA279CV,可動域

モニターはエルゴノミクスデザインを採用しており、可動域は比較的広いです。

スタンドに接触するまで下げられるのが、個人的にはツボでした。高さが決まっちゃってる(あまり下げられない)モニターって割と多いので、不自由を感じることがしばしばあるんですよね・・

ProArt PA279CVはその点クリアしているのでありがたい!もちろん首振りやピボットにも対応するので、ストレスを感じることはあまりないはずです。

 

4K解像度で美麗な映像を楽しめる

ASUS ProArt Display PA279CV,Mac,感想,レビュー

個人的には、27型の4Kモニターって一番使い勝手が良いと感じています。ProArt PA279CVはそういう意味では万人におすすめしやすいモニターです。4K解像度で細部までくっきり、文字もくっきり、発色もきれい!IPSパネルなので、どの角度から見ても色が変化しにくいのも嬉しいですよね。

自分で撮影した写真もリアルに表示されるため、眺めているだけで時間が過ぎていきます(笑)

ネコ弟子
きれいな発色にゃ

ASUS ProArt Display PA279CV,物理ボタン

物理ボタンで各種設定もできるのもポイント!タッチパネル式だと反応しなかったり、どこにボタンがあるかわかりにくいこともあるので助かります。

 

sRGB100%カバーの広色域

ASUS ProArt Display PA279CV,色域,実測

ProArt PA279CVは、sRGB 100% / Rec. 709をカバーします。数字だけ聞くと割と一般的ですが、出荷前キャリブレーションでΔE < 2という業界最高レベルの色精度を保証しているのがポイント!さらにHDR10対応なのでHDR動画制作にも使えそうです。

RAW現像やビデオ編集を1つ上のレベルで楽しむことができます。

ASUS ProArt Display PA279CV,画質,感想,キャリブレーション

ProArt PA279CVには、キャリブレーションレポートをつけているのもメーカーの自信の現れじゃないでしょうか?あまりにコスパが良すぎるので、欠品が続いているのが残念ですね。

ハードウエアキャリブレーション対応やAdobe RGB領域を求める方は、コチラの記事をご覧ください。

 

実際の色域をチェック

datacolor SpyderXELITEを使ってカラーマネジメントに挑戦、実際の色域も測定します。

ASUS ProArt Display PA279CV,色域,実測値

実際にsRGBの数値を計測してみると100%となりました。

【色域計測値】

  • sRGB:100%
  • DCI -P3:85%
  • NTSC:78%
  • Adobe RGB:83%

一般的な作業には十分すぎますし、写真や動画編集を趣味で楽しめるレベルにあります。ただし他の色域はやや物足りない数字です。

▼キャリブレーション前後のイメージ画像

LG UltraFine 4K Display,24MD4KL-B,レビュー,キャリブレーション

調整前

LG UltraFine 4K Display,24MD4KL-B,レビュー,キャリブレーション

調整後

 

ProArt PA279CV 弱点・デメリット

  • やや物足りない色域
  • スピーカーが軽めの音質
  • ハードウエアキャリブレーション非対応
  • 在庫がない

ProArt PA279CVのデメリットは、クリエイターモデルをうたう割には色域が物足りない点です。せめてMacで採用されているP3あたりをしっかりカバーしてくれると良かったのですが・・とは言え、実際に並べて眺めてもわからないようなレベルなんですけどね・・・

パネルの質は高いけど、アームなどの作りに関してはややチープなのも気になりますね。スピーカーも軽い音質なので、MacBookで鳴らしているほうがマシかもしれません。あとは市場在庫ですね。「欲しいのに在庫がなくて買えない」というのが結構つらい。。

とても良い製品ですし、巣ごもり需要の高まりを考えると仕方がないのかもしれません。

▼ゲームもしたいなら、27型(2560×1440)、144Hzに対応した「BenQ EX2780Q」もおすすめ!

 

ASUS ProArt Display PA279CVは最高クラスの高コスパ!

ProArt PA279CVをレビューしてきました。フラッグシップというよりも、実用性やコスパの高さがウリのモニターだなと感じました。

美しい映像を表示するだけでなく、色精度にも優れ、Type-C給電や多数のインターフェースも実装。ステップアップのためにも良いモニターは欲しいけど、できたら低価格で導入したいというような人にぴったりです。写真専用モニターは15万円以上平気でしてしまう中で、ProArt PA279CVは一筋の光となり得るような存在でしょう。

ハイアマチュアや、作業効率重視のクリエイターに使ってほしさがありますね。残念ながら人気がありすぎて在庫が枯渇しているという問題はありますが、ASUS Storeを定期的にチェックして是非ともゲットしたいところです。

参考:ASUS公式ページ

商品リンク

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2021 All Rights Reserved.