富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

mouse DT7-Gはエントリーながら専用グラフィックを採用した高コスパモデル

はるか、アイコン
WRITER
 
マウスコンピューター,mouse DT7-G,レビュー,ブログ,感想,クチコミ

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューター「mouse DT7-G」は、第12世代Intel Core i7-12700Fと専用グラフィックを搭載したモデルです。一般向けモデルではありますが高いパフォーマンスをもっているため、普段使いだけでなく、ゲームや動画編集も楽しめます。

国内生産、24時間サポート付きですので安心面も強く、非常にコスパの高い1台となっています。

※この記事は参考データを用いて紹介しています

mouse DT7-Gシリーズ 特徴・スペック

マウスコンピューター,mouse DT5-G,価格,比較,公式画像

マウスコンピューターが展開する一般向けモデルの「mouse」ブランドの製品です。その中でも上位モデルに位置するのが「mouse DT7-G」シリーズになります。エントリー向けCPUや、専用グラフィック非搭載モデルと比較するとハイパフォーマンスに仕上がっているため多用途に使うことができるのが特徴です。

はるペン
応用力のあるモデルです

mouse DT7-Gシリーズ パーツ構成

mouse デスクトップ DT6-G

CPUCore i7-12700F
GPUGeForce GTX 1650
GeForce RTX 3050
メモリ16GB~
ストレージ512GB~ SSD
電源500W【80PLUS BRONZE】
価格174,900~
公式サイトチェックする
写真動画編集ゲーム

mouse DT7-Gは、コストを抑えつつゲームやクリエイトを楽しみたい人におすすめのモデルです。

ラインナップは複数用意されており、そのちがいは専用グラフィックによるものです。GeForce RTX 3050の方が高性能になりますので、描画性能を求めるのであればそちらを選びましょう。またEIZOモニターとセットになっている、専用グラフィック非搭載モデルも用意されています。

かなり専門的な作業を行うのであれば物足りない面もありますが、趣味で楽しむレベルならまず問題ないレベルです。下位モデルのGTX1650搭載モデルでも、設定次第でゲームも十分遊べます。

メモリも最初から16GB用意されていますし、ストレージも高速なNVMe SSDになっているのも嬉しいですね。ストレージ容量は十分とは言えませんが、安価でHDDも追加(カスタマイズ)可能です。

 

mouse DT7-G 外観チェック

※同筐体を採用したmouse DT6-Gの写真を掲載しています

mouse デスクトップ DT6-G 写真

Theパソコンという雰囲気のボディーで、多くの人が違和感を抱かないデザインになっています。ゲーミングモデルのような派手な装飾はありませんが、万人受けはしやすいでしょう。

mouse DT6-G 付属品

取扱説明書、電源ケーブルのほかにも、マウス、キーボードが付属します。特にこだわりがなければ別途用意する必要がないのはありがたいですよね。届いたらすぐに使えます。

mouse DT6-G インターフェース

インターフェースは、DisplayPort、HDMI、USB、ヘッドフォン端子、マイク入力など一通りそろっています。この辺はモデルによって異なりますのでメーカー公式ページで必ずご確認ください。

 

mouse DT7-G 性能チェック

CPU性能:Core i7-12700F

DAIV Z7,レビュー,ブログ,性能,比較,ベンチマーク,CPU,Core i7-12700

mouse DT7-Gは、第12世代のCore i5-12700Fを搭載しています。非常に高性能なCPUですので、各種処理を効率的に行えるのがウリです。末尾についている「F」はCPUの内臓グラフィックが非搭載であることを表しています。グラボは抜かないように注意してください。

参考までにPassMarkが公開しているデータをどうぞ。

CPUスコア
Core i7-1270032016
Core i5-1240019476
Core i7-1170021739
Core i5-1140017131
Ryzen 7 5800X
28495
Ryzen 5 5600X22168
Ryzen 7 3700X23857

Core i7-12700は30000を超えるのスコアをマークしています。処理能力に関して不安は一切ありません。

GPU性能:GeForce GTX1650/RTX3050

mouse DT7-Gに標準搭載されているのは、GeForce GTX1650およびRTX3050です。ライトゲーマー向けのモデルですが、RTXシリーズのほうがより高い描画性能を持っています。

 

ゲーミング性能: FF15

G-Tune EL-B,公式写真,比較,価格,おすすめ,ブログ,レビュー,評価,RTX3050,FF15

GPUフルHD(標準画質)
GeForce RTX30508715(とても快適)
GeForce GTX16607435(快適)
GeForce GTX1650(GDDR6版)5687(やや快適)
GeForce GTX1650 SUPER6884(快適)
GeForce GTX1060(3GB)5800(やや快適)
GeForce GTX1050Ti3800(普通)

FF15はそれなりに重たいゲームですが、RTX3050なら4K解像度でも普通という結果が得られています。

GTX1650/RTX3050の守備範囲的はフルHDクラスですが、よりリッチな設定で遊びたいのであればRTX3050を選びましょう。特にゲーム目的で購入を考えている人には恩恵が大きいはずです。

これくらいの描画性能があれば、軽めの動画編集も楽しめますよ。

mouse DT7-G メリット・デメリット

メリットデメリット
・CPU性能が高い
・国内生産
・24時間体制の手厚いサポート
・シンプルなデザイン
・多用途に使える
・デザインが普通
・価格が高め
・面白味にはやや欠ける
・ゲーミング性能は普通

 

mouse DT7-Gをおすすめしたい人

mouse デスクトップ DT6-G

  • 初心者やライトユーザー
  • CPU処理能力は欲しい人
  • カスタムベースとして欲しい人
  • 予算が20万円以下の人

mouse DT7-Gを紹介してきました。最新の第12世代Intel CPUを搭載しているため価格は少しお高めですが、普段使いからビジネス、ゲームやクリエイトまで広く使えるモデルです。今後、公式サイトの「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」あたりに登場してくる可能性もあります。よりお得に手に入れたいなら合わせてチェックしてください。

マウスコンピューターは、安心の国内生産に加えて、サポート面でも定評があるので安心ですよ→【独自取材】マウスコンピューターのカスタマーサポートセンターへ潜入!

関連リンク

>>>パソコン関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.