FUJIFILM XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRレビュー!もはや撮れない世界はない?

FUJIFILMXマウントシステムは、APS-Cでも「最高クラスの画質」と言われています。

それはカメラだけではなく、レンズによるところも大きいはず。

ならば、FUJIFILMのファンとしてXFレンズの素晴らしさを独自に解説してみよう!と勝手な思いつきでレビュー記事を書いていきたいと思います。

「使ったことのあるレンズは愛をこめて」

「未使用のレンズには憧れをこめて」

完全に独断によるものですが「検討されている方に少しでもお役に立てれば」との思いからです。大きな愛で読んでもらえればありがたいです(笑)

今回は「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」

スポンサーリンク

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

 

最長609mmという超望遠レンズでありながら、世界最高峰の「5段分の手ぶれ補正」が入っているのでブレとは無縁(言い過ぎ?)

高速性にも優れていて、もちろんリニアモーターは搭載されており静穏性もばっちり。演奏会や舞台の撮影にも積極的に使っていけそう。

5m以上離れた被写体に使うことが決まっていれば、フォーカスリミッターを使って駆動範囲に制限をかけることができる。さらなるAFの高速化に期待が出来る。

「赤バッジ」の名に恥じない、徹底的な画質の追求と各収差の除去、前玉には特別に撥水防汚コートを施され、防塵防滴もばっちり。

スペックを見てみよう

焦点距離100~400 mm
開放F値F4.5~5.6
手ぶれ補正 〇
防塵防滴 〇
レンズ構成 14群21枚
絞り羽枚数 9枚
最大撮影倍率 0.19倍
最短撮影距離 1.75m
フィルター径 77mm
重量 1375g

フルサイズ換算で152~609mmをカバーする超望遠のスーパーレンズ!もちろん富士フイルムで最大の望遠レンズだ。

重量が1.4kg近くあるので決して軽いレンズとは言えないが、この焦点距離とスペックを考えれば仕方がないとも思える。逆に本体と合わせても2kgと考えれば、手持ちで1日ギリギリ使っていける重量ともいえるかもしれない。

 

地味なことだけど、77mmのフィルターが高そう(笑)

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

【初心者向け】FUJIFILMのレンズのスペック用語を解説してみた

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRのメリット

・600mmを超える超望遠

・5段階の手ぶれ補正

・赤バッジらしい高画質

富士フイルムの太鼓判ともいえる「赤バッジ」を冠したモデルなので、高画質であることは疑いようもない。

それもそのはずEDレンズが5枚、スーパーEDレンズが1枚と大盤振る舞いだ。

その徹底的な画質と焦点距離を活かして「浮き上がる」ような立体感を楽しめば、重さなんてネックは吹き飛ぶだろう。

スポンサーリンク

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRのデメリット

・でかい

・おもい

・たかい

ミラーレスのボディとは不釣り合いと言わざるを得ないサイズ感。

「画質のためです」と言われれば頷くしかないのだけれど、バッテリーグリップなどでグリップ力を増しておかないとバランスが悪いかもしれない。

そしておいそれと手を出せない強気な値段設定。僕のような庶民には頑張ってもギリギリ・・・手が届かない(涙)

僕の女子並の握力では、重量リミットにもかかっているから結局手を出せないんだけども。

はるペン
プルプル

ズバリこんな人におすすめ!

・野鳥・飛行機・虫など飛行体に目がない人

・身体を鍛えたい人

テレコン使ったら850mmを超えて来ますから、「逃げ場はないぜ」って感じで飛行体を打ち落とす写すことが出来ます。

F値は6.3~8と落ちるものの、装着したままでも位相差AFがきくので望遠域で撮れないものはないと言っても過言ではないでしょう。

この表現力のあるレンズを一生使いたい!と思ったら、自然と身体を鍛えることが頭をよぎるはず(笑)

その他のレンズ記事

他にもFUJIFILMのレンズの記事を書いていますので参考になるかもしれません。

ミラーレスなら富士フイルム!人気の理由をレンズから解説【神レンズまとめ】

・FUJIFILMのX-T2のレンズキットはお得なのか?

・XF35mmF1.4は神レンズなので売却しました

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

・Xマウントで写真を撮るなら?人気のレンズ5選

 

▼FUJIFILMのX-T2も頑張ってレビュー記事を書いています

僕が愛する【FUJIFILM X-T2】を徹底レビューしてみようと思う

紹介した機材

 

まとめ

このレンズを使えばどんな被写体も捉える事が出来る!

他メーカーのフルサイズレンズと比べても同等のサイズ感。

決して軽くはせずに、画質をさらに高めたという解釈も可能だと思います。でないとAPS-Cサイズでありながら、フルサイズと同じ重さってあり得ないですよね。

ボディがミラーレスなので軽く、機動力としては利があります。

気軽とまではいかなくとも、普通に持ち歩けるギリギリのサイズ感なのでポートレートなどにも使っていけると思います。

レンズがハプニングを感知した時に、自動で手ぶれ補正を上下に切り替えるそうだけど、ハプニングって・・・・言葉が怖いよね(笑)

あと気になるのは暗部でどれだけ使っていけるか?って事。たぶん夕方以降や暗い室内は厳しくなってくるのかな?使っている人がいればどうか教えてくださいm(__)m

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。