富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

G-Tune HL-Bレビュー!インテル第12世代CPUとGeForce RTX3060シリーズを採用した小さい巨人

はるか、アイコン
WRITER
 
G-Tune PL-B

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターの「G-Tune HL-B」を紹介します。

片手で移動が可能なコンパクトなボディを採用しながらも、最新パーツをふんだんに盛り込んだ凝縮感のあるゲーミングパソコンです。メーカーとしてはLANパーティーや、イベントでの使用も視野に入れており、アイデア次第で様々なシーンに対応できます。

各種ベンチ結果も掲載していますので参考にしてみてください。

※記事では独自に集計したデータを活用する場合があります

G-Tune HL-Bとは?

G-Tune HL-B,公式,価格,最安値

マウスコンピューターが販売しているゲーミングブランド「G-Tune」の製品です。ハンドル付きのミニタワーケースを採用し、ブランド内で最もコンパクトです。設置場所が限られている人や、小さいパソコンが好みという人におすすめです。

コンパクトな筐体といっても、GPUにはGeForce RTX3060以上が採用されており、本格的なゲーミング性能をもっているのが特徴です。性能が高いので、そのまま写真や動画といった編集作業も楽しめるのが「G-Tune- HLシリーズ」です。多くの人にとって使いやすいモデルだと思いますので、読み進めていただければ嬉しいです。

 

G-Tune HL-B ラインナップ

G-Tune PL-B

ラインナップはいくつか用意されているので好みのモデルが選べるのはありがたいです。ただしネーミングが同じでややこしいものも存在するので間違わないよう注意してください。

モデル構成価格
G-Tune HL-BCore i5-12400F/RTX3060/16GBメモリ/512GB NVMe SSD194,800円
G-Tune HL-B-3060TiCore i5-12400F/RTX3060Ti/16GBメモリ/512GB NVMe SSD214,800円
G-Tune HL-B
(プレミアムモデル)
Core i7-12700F/RTX3060/16GBメモリ/512GB NVMe SSD234,800円
G-Tune HL-B-3060Ti
(プレミアムモデル)
Core i7-12700F/RTX3060Ti/16GBメモリ/512GB NVMe SSD244,800円

CPUはCore i5/Core i7、GPUはRTX3060/3060Tiを組み合わせた4種類がラインナップとして存在します。

他にも下位モデルとしてコスパを重視した「G-Tune PL-B」シリーズ、ほどよい描画性能をもつRTX3050を採用した「G-Tune EL-B」シリーズなどが存在します。価格を抑えたい人は、これらのモデルから選ぶのも悪くないでしょう。

ちなみに公式サイトでは「期間限定のセール品」「アウトレットモデル」「店舗即納モデル」などお得なセールなども開催されています。うまく活用してお得にパソコンを手に入れましょう。

 

G-Tune HL-B レビュー

※同筐体別モデルの写真を掲載しています

G-Tune PL-B,インターフェース,Type-C

電源ボタンやイヤホンジャック、USBが再度に設置されているのはちょっと珍しいです。フロント面がガチャガチャしないのはメリットですが、設置場所やアクセス方向が制限されるのがデメリットです。

G-Tune PL-B,公式,サイズ

G-Tune HL-Bのサイズは、幅178mm×奥行き395㎜×高さ330㎜、重量が約7.4kgとなっています。コンパクトですからスペースが限られている場所にも設置しやすいです。ハンドルも備えているため、設置や移動が楽に行えるのも特徴です。

ノートパソコンよりも高性能なデスクトップですし「設置スペースは限られているけど、性能に妥協はしたくない」というようなユーザーに強くお勧めできるモデルです。

G-Tune PL-B,中身,内部,写真

内部スペースは限られているのでカスタマイズ性はほぼ皆無。静穏性・排熱に関してはちょっと心配ですが、PCに強いこだわりがある人でない限り問題はないでしょう。普通に使う分には困りません。

G-Tune PL-B,インターフェース,Type-C

背面には、HDMI、DisplayPort、USB2.0、USB3.0などが装備。最近のモデルではType-Cも用意されているので、対応デバイスの幅はさらに広がりを見せています。(モデルによって異なるので公式サイトでご確認ください)

 

G-Tune HL-B性能チェック

CPU性能チェック

まずはPASSMARKが公開しているスコアをチェックしましょう。

CPUスコア
Core i7-1270032016
Core i5-1240019959
Core i3-12100F14442
Core i5-1140017132
Core i5-1040012476
Core i7-970013860
Ryzen 5 360017825

G-Tune HL-Bに採用されているのは、Core i5-12400FまたはCore i7-12700です。第12世代になって性能が飛躍的に伸びたため、Core i5でも十分に高いスコアを見せています。Core i3-12100ですら数世代前のCore i7-9700相当のスコアとなっていることに驚きます。

ちなみに第12世代インテルCPUが気に入りすぎて「Core i3-12100Fで自作パソコン」も作りました。RAW現像やフルHDクラスの動画編集なら十分な処理能力を備えていると感じました。さらに言うなら気にいりすぎて今はCore i9-12900になっています…それだけ安心して選べるCPUが採用されているということです(笑)

はるペン
ゲームならCore i5で十分です

 

GPU(ゲーミング)性能チェック

DAIV Z7,RTX2060SUPER,FF15,

モデル(GPU)設定スコア
G-Tune PL-B
(GTX1650)
1920×1080(標準品質)5687(やや快適)
G-Tune EL-B
(RTX3050)
1920×1080(標準品質)8715(とても快適)
3840×2160(標準品質)3186(普通)
G-Tune HL-B
(RTX3060)
1920×1080(標準品質)11374(とても快適)
3840×2160(標準品質)4274(普通)
G-Tune HL-B-3060Ti(RTX3060Ti)1920×1080(標準品質)14500(とても快適)
3840×2160(標準品質)5500(普通)

ゲーミングモデルですのでGPUの選択は大事になりますよね。G-Tune HL-Bシリーズに採用されているRTX3060/RTX3060Tiにはおおよそ30%ほどの差が生まれています。この差は決して小さくありませんので明暗を分けることもあります。

結果だけ見れば「4Kで普通」「フルHDでとても快適」と変わりませんが、内容は決して同じではないということです。少しでも設定をつめたい人や、シューティングゲームのためにフレームレートを稼ぎたいという人はRTX3060Tiを選択するほうが良いでしょう。

例えばCPUをCore i5にしてGPUはRTX3060Tiにする(G-Tune HL-B-3060T)などして費用を抑えるのも手です。またフルHDクラスで十分という人にはRTX3050あたりで抑えるのもありかもしれません。

G-Tune EL-Bレビュー!第12世代インテルCPU搭載で性能がアップしたコンパクトゲーミング

クリエイト作業にもおすすめ!

RAW現像

100枚のRAW現像にかかった時間を計測します。(2000万画素クラス APS-C機のデータ)

CPU処理時間
Core i7-127002分16秒
Core i5-124002分24秒
Core i3-12100F2分02秒
Core i5-114003分03秒
Core i7-97003分20秒
Ryzen 5 5600X2分43秒
Ryzen 5 36003分59秒

これは自作パソコンのデータですが、Core i5とCore i7で10秒ほどの差しかありません…

多くの現像作業を行うならCore i7を選択することで処理時間の短縮化につながりますが、趣味で数枚の写真を作りこむといった使い方ならCore i5で十分です。

 

動画編集

Davinciを使って4K→フルHDへの書き出しテストを行った参考データです。

構成処理時間
Core i7-12700×RTX30601分12秒
Core i5-12400×RTX30602分40秒
Core i5-12400F×RTX30501分53秒
Core i7-9700×GTX1660SUPER2分07秒
Core i3-12100F×RX66002分40秒
Ryzen 5 5600×GTX16501分47秒
Ryzen 7 3700X×RTX30601分36秒

G-Tune HL-Bを選ぶ上で動画編集が目的に入っているならCore i7を選択するメリットは大いにありそうです。Core i7-12700の処理時間が圧倒的すぎて他がかすんで見えます…

ただし処理能力としてはどのモデルを選んでも動画編集は楽しめます。処理時間を気にしない人や、フルHDクラスの動画編集しか行わない人ならCore i5×RTX3060でも問題なく行えるはずです。

これから「YouTube投稿をはじめたい」「動画編集を勉強したい」なんてカジュアル層にもぴったりでしょう。

ゲームを複数入れるなら容量UPを!

Mouse K Cドライブ

メインストレージはNVMe対応のSSDが搭載されているので、サクサクと気持ちいい動作をしてくれます。読み込み速度は2000MB/s程度は出るはずです。

最近のゲームは20~50GBくらいあるのがザラなのでゲームをたくさん入れる予定なら512GBだと不足しそうな感じがします。HDDが追加で搭載できますので、データ保存用にカスタマイズしておくと良いでしょう。2TBでも1万円くらいです。

 

G-Tune HL-B 感想・評価

メリットデメリット
・第12世代インテルCPUの高い処理能力
・GeForce RTX3060はゲーミング性能良し
・国産、24時間サポートつき
・カスタマイズ、メンテナンス性にやや劣る
・静穏性には欠けるかも
・こだわりの強いユーザーには向かない

市場でGeForce RTX3060搭載のデスクトップパソコンを見てみると、価格はだいたい15~20万円がホットスポットです。マウスコンピューターは国内生産で24時間サポートつきということも考えると安心感があります。コンパクトであるメリットを生かして色々とアイデアを形にするのも面白そうです。

デメリットとしてはコンパクトゆえ・・という所になります。カスタマイズ性や静音性に欠けたり、ハイエンドGPUに交換するなんてことも難しいかもしれません。そのためこだわりの強いユーザーには向かないと思います。

 

G-Tune HL-Bをおすすめしたい人

G-Tune PL-B,公式,写真

  • 本格的なゲーミング性能が欲しい人
  • 写真・動画編集でも使いたい人
  • サブパソコンが欲しい人
  • コンパクトなPCが欲しい人

G-Tune HL-Bを紹介してきました。

第12世代インテルCPUは高い処理性能をもっており、GeForce RTX3060(Ti)の性能を十分に引き出せています。高解像データ編集にも使えて、コンパクトなボディーに収まっているのは好印象です。イベントでパワフルなPCが必要になったり、スタジオ内を移動させて使うなんてプロフェッショナルな人のサブ機としての可能性も感じます。もちろんほとんどの人にとって満足できる性能なので、G-Tune HL-Bをスタートラインとするのもおすすめです!

マウスコンピューターは、安心の国内生産に加えて、サポート面でも定評があるので安心ですよ→【独自取材】マウスコンピューターのカスタマーサポートセンターへ潜入!

関連リンク

>>>マウスコンピューター関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.