(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

ドスパラ「raytrek ZF」レビュー!高性能×静かなクリエイト向けデスクトップPC

WRITER
 
ドスパラ,raytrek,ブログ,レビュー,感想,クチコミ
この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

ドスパラのクリエイト向けパソコン「raytrek ZF」をお借りしたのでレビューします。

Core i9-10900K×RTX3070搭載で、高解像データに立ち向かえるクリエイトPC!税別19万円台からというのはややハードルがお高いですが、そのパフォーマンスには目を見張るものがあります。さらに静音性にも優れており「作業に集中できる」という点ではクリエイターの制作活動にも大きく貢献するはずです。

ベンチマークソフトを使ってのパフォーマンスチェックや、使い心地などをレビューしていきますので参考にしてもらえると嬉しいです。

こんな記事もおすすめ

ドスパラ raytrek ZF レビュー

ドスパラ,raytrek ZF,価格,公式,比較

ドスパラのクリエイト向けパソコン「raytrek ZF」です。

Core i9-10900K×RTX3070の組み合わせで、重量級データも快適に処理が行えるパフォーマンス!メモリも32GBと多いので、マルチタスクや大量のRAW現像なんかも安心して行えます。価格は20万円に迫るのでハードルは高めかもしれませんが、性能を考えると十二分に納得できるはずです。

raytrek ZFの特徴をまとめるとこんな感じです。

特徴
  • CPUにCore i9-10900K
  • RTX3070搭載で4K解像度の処理も快適
  • 32GBメモリを標準搭載
  • 高速かつ大容量の1TB NVMe SSD
  • 写真編集、動画編集も快適なパフォーマンス
  • パフォーマンス重視の方におすすめ!
はるペン
しかも意外と静かなんです!

 

raytrek ZFの性能(スペック)

ドスパラ,raytrek,写真,デザイン

スペック
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i9-10900K
  • GPU:GeForce RTX3070
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB NVMe SSD
  • 電源:850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
  • 重量:約13㎏
  • サイズ:207(幅)×509(奥行き)×440(高さ) mm

公式サイトで仕様を確認する

とにかくパフォーマンスが高いので、ここ数年でパソコンの入れ替えを行っていない人なら進化具合に驚くことは間違いなし!高負荷が前提のクリエイターにとっても即戦力として活躍が期待できます。

また2.5/3.5インチシャドウベイを8基搭載しているので、カスタマイズすれば大量のデータ保存も可能。さらに80PLUS GOLD 850W  静音電源は余力があるので、更なる高みを目指すこともできます。フロント部にSDカードリーダーがあるのも地味に助かります。

翌日出荷にも対応してくれるため、急ぎでパソコンが必要になった人にも助け舟となってくれます。

ドスパラ,raytrek,写真,デザイン

本体サイズは207(幅)×509(奥行き)×440(高さ) mmです。カラーはブラックでシンプルなデザインですが、ファンを多数追加可能だったり作業性の面でも不満はありません。

個人的に気に入ったのが「とても静か」だということ。ゲームのベンチや動画編集中(高負荷時)でも気にならないくらいです。作業に没頭したいクリエイターからすると、これほどありがたいことはないはずです。

 

raytrek ZF インターフェース

ドスパラ,raytrek,写真,インターフェース

raytrek ZFのインターフェースは、前面にUSB3.0 を個、背面にUSB2.0 x2/USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2)/ USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)となっています。

最近はType-CやThunderboltを採用した周辺デバイスもある中で、こうした規格に対応していないのはクリエイトPCとしてはやや物足りないポイントでしょうか・・・カスタマイズ画面の拡張スロットの項目で「ASUS ThunderboltEX 3-TR」が選べるので、必要に応じて選択するようにしましょう。

raytrek ZF ベンチマークテスト結果

Core i9-10900Kの性能

G-Tune EP-Z,CPU,Core i9-10900K,性能

10コア20スレッドの第10世代Core i9-10900Kを採用しています。

参考までに他モデルと比較した例をご覧ください。(PASSMARKの公開スコアを掲載)

モデルCPUスコア
raytrek ZFCore i9-10900K24086
G-Tune XM-ZCore i7-10700K19715
DAIV Z9Core i9-990018879
DAIV A9Ryzen 7 3700X22719
DAIV A7(カスタム)Ryzen 9 3900X32843

現行のインテルCPUとしてはトップクラスの性能を誇り、写真、音楽、イラスト、漫画、動画、ゲームなど幅広いジャンルで活躍が期待できます。Core i7-10700Kと比較しても約22%も高いスコアです。

スコア差で全てが決まるわけでもありませんが、Ryzen CPUと比較するとやや遅れをとってるような印象を受けてしまいます・・この後、実行速度をチェックしていきましょう。

 

raytrek ZF RAW現像チェック

実行速度をチェックするためにRAW現像にかかった時間を計測します。

テストの内容は、無料現像ソフトの「RawTherapee」を使って100枚のRAWデータの一括変換にかかった時間を計測。(設定はJPEG品質は90%、高画質です)

モデルCPU時間
DAIV A7(カスタム)Ryzen 9 3900X3分03秒
DAIV A5Ryzen 7 3700X3分12秒
raytrek ZFCore i9-10900K2分59秒
G-Tune XM-ZCore i7-10700K2分55秒
DAIV Z7Core i7-107004分47秒
DAIV Z9Core i9-9900K3分20秒

RAW現像の処理時間にいたっては、ほぼ団子状態になっています。Core i9-10900Kはきっちりと存在感を示し、Ryzen CPUに決して劣りません。それよりも気になったのは、Core i7-10700KのG-Tune XM-Zに負けている点でしょうか?

ほとんど誤差範囲とはいえ、上位CPUが下位CPUに並ばれるというのはどうでしょう。しかもG-Tune XM-Zはメモリも16GBなんですよね。さらに言うとCore i7-10700の無印(Kなし)は時間がかかり過ぎています。

この結果を鵜呑みにするのは危ないかもしれませんが、RAW現像目的なら「無理をしてまでCore i9を選択する価値はない」とも受け取れます。コスパ次第ですがCore i7-10700K、Ryzen  7 or 9あたりを検討しても良いかもしれません。

 

raytrek ZF ゲーム性能チェック

raytrek ZFの描画性能(RTX3070の性能)をチェックしていきます。

FF15のゲームスコア

ドスパラ,raytrek,ゲーミング性能,RTX3070,FF15

モデル(GPU)設定スコア
G -Tune EP-Z
(RTX3080)
1920×1080(標準品質)18538(非常に快適)
3840×2160(標準品質)8564(快適)
raytrek ZF
(RTX3070)
1920×1080(標準品質)16658(非常に快適)
3840×2160(標準品質)6646(快適)
DAIV Z9
(RTX2080S)
3840×2160(標準品質)5580(やや快適)

重量級タイトルのFF15でRTX3070をチェックしたところ、4K解像度で快適を得られる結果となりました。旧世代とは言え、上位GPUに位置付けられていたRTX2080SUPERよりも高いスコアというのは嬉しいですね。

さらに高設定の4K解像度でも「やや快適」と言う結果を得られており、リッチなゲーミング環境構築を目指すことができます。

 

raytrek ZF 動画編集チェック

動画編集能力をテストするために無料ソフトのResolveを使いました。ミラーレスカメラで撮影した4Kデータを使って簡単な動画を作成→レンダリング(FHD)の時間を測定しています。

モデル構成処理時間
raytrek ZFCore i9-10900K×RTX30701分15秒
G-Tune XM-ZCore i7-10700K×RTX30701分35秒
DAIV Z9Core i7-10700K×RTX2080S1分34秒
DAIV Z7Core i7-9700K×RTX2060S2分00秒

RAW現像ではパッとしない印象だったCore i9-10900Kですが、動画編集においては強みを見せました。Core i7-10700Kよりも約20秒ほど速く処理を完了しています。

もちろん4K動画編集でもストレスを感じるシーンはなく、スムーズに書き出しまで行うことができました。高解像度になるほど差は大きくなってくるので、動画編集目的でしたらraytrek ZFを選択する価値は大いにあります。

 

raytrek ZF SSD転送速度チェック

ドスパラ,raytrek,SSD,転送速度

実測で読込速度 3400MB/s,書込速度 3000MB/sのNVMe SSDを搭載。この規格ではトップクラスの性能です。パソコンの立ち上げも一瞬ですし、キビキビとした動作は見ていて本当に気持ちがいいです。

 

raytrek ZFのトータルスコア(総合力)

続いては、CPU、GPU、メモリ(RAM)、ストレージのパフォーマンスチェックのために「Novabench」でテストします。

ドスパラ,raytrek,総合力,novabench,性能

モデルraytrek ZFG-Tune XM-Z
総合39683459
CPU21081779
GPU12501216
RAM323282
Disk287182

raytrek ZFは、スコア4000に迫る圧倒的なパフォーマンスです。RAW現像テストで並ばれたG-Tune XM-Zよりも全体的に高いスコアをマーク。

記事執筆時点の価格を比較すると、raytrek ZFは196,980円、G-Tune XM-Zは219,800円です。その差は22,820円なので決して無視はできません。両社のサービスや思想に違いがあるとは言え、raytrek ZFのコストパフォーマンスの高さは目を見張るものがあります。


raytrek ZFの感想や評価

良いところ

  • パフォーマンスが高い!
  • 性能の割に良心的な値段設定
  • クリエイトからゲームまで万能にこなせる!
  • 静かで作業に没頭できる!
  • コストパフォーマンスが圧倒的に良い!

最新パーツを潤沢に使ったraytrek ZF。その性能の高さは言うまでもありませんが、比較をするとコストパフォーマンス的にも優れていることがわかりました。

拡張性やメンテナンス性も申し分ありませんし、とにかく静かに作業ができたのが印象深いです。このパソコンが税別で20万円を切るのはお得だと思います。

 

ちょっとイマイチなところ

  • 性能を持て余すかも
  • インターフェースが充実してない
  • サイズが大きい

コスパだけで選ぶなら有力候補であることは間違いありませんが、いくつか気になった点もありました。

まず写真編集など、最近のパソコンにとっては比較的軽い作業だと恩恵が少ないと言うこと。そういう意味では性能を持て余す人は多いかもしれません。

それにインターフェースが充実していない点は、クリエイトPCとしては物足りなさを感じます。あとはなんといってもサイズが大きいので設置スペースに余裕がないと厳しいですね。

 

raytrek ZF をおすすめしたい人

ドスパラ,raytrek,公式画像,

  • パフォーマンス重視の人
  • できるだけ安く高性能なPCが欲しい人
  • クリエイト系の作業もゲームもしたい人
  • 本格的な動画編集を行う人
  • 静音性も重視したいという人

ドスパラの「raytrek ZF」をレビューしてきました。

どんな作業をしていても安心して眺めていられるほど高いパフォーマンス!高負荷時でも静かなのが魅力的なPCだと感じました。価格的なメリットも高く、税別20万円以下でこの構成はかなりお得だと思います。数年は安定して使えるはずですし、長い目で見るとコスト回収は十分できるはず。

拡張性も高いので「さらに上を目指せる」と言う意味でも価値があり、高品質な電源や大容量メモリなどがジワジワ効いてくる気がします。ぜひ検討の1台に加えてみてください。

参考

最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事を書いている人 - WRITER -
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2021 All Rights Reserved.