富士フイルムのカメラ・レンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

mouse DT5-Gをレビュー!エントリーモデルながらGPU搭載の高コスパPCだった

はるか、アイコン
WRITER
 
マウスコンピューター,mouse DT5-G,レビュー,ブログ,感想,クチコミ

マウス、コラボパソコン

マウス、コラボパソコン

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューター「mouse DT5-G」をお借りしましたのでご紹介します。

Core i5-12400F×GeForce GTX1650搭載、国内生産、24時間サポート付きで13万円台はなかなかのコスパです。性能が高いので写真や動画の編集、オンラインゲームもカジュアルに楽しめるデスクトップパソコンとなっています。初めての1台やお子さん向けにもおすすめの1台です。

ベンチテスト結果や、使い勝手や感想などを書いていますので参考にしてください。

※同社別モデルのスコアも掲載しています

mouse DT5-Gの特徴とスペック

マウスコンピューター,mouse DT5-G,価格,比較,公式画像

マウスコンピューターが展開する一般向けモデルの「mouse」ブランドの製品です。

Core i5-12400F×GeFore GTX1650を採用しており、パフォーマンスはなかなかに高いです。ミニタワー型ですので設置スペースも抑えられますし、できるだけ少ない予算でパソコンを購入したいと考えている人には向いています。サブパソコンとしても良いかもしれません。

mouse DT5-Gの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • コストパフォーマンスが高め
  • ライトユーザーには十分すぎるスペック!
  • RAW現像や動画編集、ゲームを楽しめる!

このクラスだとGPU非搭載でも珍しくありませんが、しっかりと搭載しているのでゲームなどにも使えます。ちゃんとSSDも搭載されていますし、コストパフォーマンスの高いパソコンを産むのが上手なマウスコンピューターのお家芸と言った感じがしますね。

はるペン
エントリーにぴったりですね

 

mouse DT5-Gのパーツ構成

mouse デスクトップ DT6-G

スペック

CPU: Core i5-12400F
GPU:GeForce GTX1650
メモリ:16GB
ストレージ:256GB NVMe SSD
電源:500W【80PLUS BRONZE】
サイズ:170×403×360mm
重量:約6.9kg

写真動画編集ゲーム

mouse DT5-Gは、コストを抑えつつゲームやクリエイトワークを楽しみたい人におすすめのモデルです。専門的な作業で使うにはパフォーマンス不足ですが、趣味で写真や動画を楽しむレベルなら問題ないレベル。ゲームも設定次第で十分遊べるスペックです。

クリエイト用途に限らず、メモリ8GBと言うのは少々物足りないので16GBになっているのも嬉しいですね。ストレージ容量的には十分とは言えませんが、速度にこだわったNVMeタイプなのは良心的だと思います。

当モデル以外にも、Ryzen 5を搭載した「mouse DT6-G」あたりも使い勝手の良いパソコンになっていると思います。この記事でも比較していきますので読み進めていただけると嬉しいです。

mouse DT6-Gをレビュー!コスパが魅力のデスクトップパソコン

mouse DT5-Gの外観チェック

※同筐体を採用したmouse DT6-Gの写真を掲載しています

mouse デスクトップ DT6-G 写真

ゲーミングのように派手なLED装飾は一切ありません。The パソコンという風貌で、フロント下部にメーカーロゴが入るだけのシンプルなデザインです。強いこだわりがない人なら問題ありませんよね。

フロント部には、電源ボタン、USB。イヤホンジャックが装備。

mouse DT6-G 付属品

付属品は、取説、電源ケーブルで、マウス、キーボードまで付属します。別途用意する必要がないですし、届いたらすぐに使えるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

mouse DT6-G インターフェース

インターフェースは、DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1、USB2.0×2(前面)、USB3.0×4、ヘッドフォン端子やマイク入力など一通りそろっています。さらにWiFiやBluetoothモジュールも内蔵していました。(モデルによってちがいがありますのでメーカー情報を必ずご確認ください)

mouse DT6-G インターフェース

GPU設置用の出っ張りが個人的にはマイナスポイント。パソコンを設置する際に傾けるとうっかりデスクを傷つけてしまった・・なんてことにならないように注意したいです。

外観については特筆すべき点もない感じですが、ある意味素直に受け入れやすいとも言えると思います。続いては性能チェックにうつっていきましょう。

 

mouse DT5-G 性能チェック

CPU性能:Core i5-12400F

G-Tune HM-B,レビュー,評価,感想,開封,中身,パーツ,ブログ,ベンチ,性能,CPU,Core i5-12400

mouse DT5-Gは、第12世代のCore i5-12400Fを搭載しています。内臓GPUを搭載しないタイプのCPUですので、グラボは抜いちゃだめだぞ。

参考までにPassMarkが公開しているデータをどうぞ。

CPUスコア
Core i7-1270032016
Core i5-1240019476
Core i7-1170021739
Core i5-1140017131
Ryzen 7 5800X
28495
Ryzen 5 5600X22168
Ryzen 7 3700X23857

Core i5-12400は、20000近くのスコアをマーク。従来のCore i7-11700に迫る性能を持っていそうです。

スコアだけならライバルのRyzen 5 3600に負けていますが、なかなかどうして・・かなり使えるCPUになっています。この後からも解説しますが、コスパを求めるなら筆頭候補にして良いかもしれません。

 

RAW現像でCPUをテスト

実行速度をチェックするために「RawTherapee」を使って100枚のRAW現像にかかった時間を計測します。(設定はJPEG品質は90%、高画質です)

モデルCPU時間
mouse DT5-GCore i5-12400F2分49秒
G-Tune HM-BCore i5-124003分05秒
DAIV Z7(新)Core i7-127002分16秒
DAIV Z7(旧)Core i7-117002分58秒
G-Tune EP-ARyzen 7 5800X2分39秒
DAIV A5Ryzen 5 5600X2分43秒
G-Tune EP-A(旧)Ryzen 7 3700X3分12秒

RAW現像処理時間は2分49秒になりました。Core i5搭載モデルとしてはかなり速いですね。なんならCore i7-11700搭載モデルよりもわずかに速く処理を終えてしまいました。

GPU:GeForce GTX1650の性能

mouse DT5-Gに標準搭載されているのはGeForce GTX1650です。従来ミドルクラスで人気があったGTX1060に迫る性能を見せます。この価格で専用グラフィックが載っているだけでもすごいのですが、ゲームもそそこそ遊べてしまうというのもすごい。

 

ゲーム性能をFF15でチェック

マウスコンピューター,mouse DT5-G,ゲーム,ベンチマーク,性能,GTX1650S

GPUフルHD(標準画質)
GeForce GTX16607435(快適)
GeForce GTX1650(GDDR6版)5687(やや快適)
GeForce GTX1650 SUPER6884(快適)
GeForce GTX1060(3GB)5800(やや快適)
GeForce GTX1050Ti3800(普通)

FF15はそれなりに重たいゲームですが、フルHD標準品質なら遊べます。人気のフォートナイトとかも十分遊べると思います。ゲームを最高設定で遊びたいとか、フレームレートを稼ぎたいのであれば上位モデル(G-Tune、DAIV)の方が良いでしょう。

 

mouse DT5-Gは動画編集に使える?

マウスコンピューターさんに教えてもらった「4K動画編集に必要なスペック」という条件は満たしませんので、高度な動画編集は厳しいです。

動画編集能力をテストした結果を参考までにご紹介。Resolveを使ってミラーレスカメラで撮影した4Kデータを使って簡単な動画を作成→レンダリングの時間を測定しています。

モデル構成処理時間
DAIV Z5Core i7-12700×GTX1650 GDDR6版1分30秒
G-Tune EL-BCore i5-12400F×RTX30501分53秒
mouse DT5-G(旧)Core i7-10400×GTX1650SUPER2分30秒
G-Tune XM-ZCore i7-10700K×RTX30701分35秒
G-Tune EP-ARyzen 7 5800X×RX6700XT1分25秒
DAIV A5Ryzen 5 5600X×GTX16501分47秒

GPU性能的にはフルHDクラスの編集作業なら問題なく行えるという感じですね。ちょっとこだわった編集を行いたいのであれば、GeForce RTX3050以上をつんだパソコンを選びましょう。

G-Tune EL-Bレビュー!第12世代インテルCPU搭載で性能がアップしたコンパクトゲーミング

mouse DT5-Gの感想や評価

mouse DT5-Gの良いところ

  • 価格の割りに高い性能
  • シンプルな筐体を採用
  • ゲーム、写真、動画など多用途に使える

mouse DT5-Gは13万円台のパソコンですが、割り切ればさまざまな用途で使えるパソコンだと思います。Core i5と言えど非力ということもありませんし、従来のCore i7に匹敵するほどのパフォーマンスを見せてくれます。おまけにGPUまで搭載しているのは悪くありません。さらにキーボードやマウス、WiFiなどを搭載していることを考えると高いコストパフォーマンスを誇っていると思います。

 

mouse DT5-Gのいまいちなところ

  • インターフェース部分のでっぱりがイヤ(笑)
  • カスタマイズ性に乏しい

mouse DT5-Gは、そこそこ快適に使えるパソコンに仕上がっていると思いますがカスタマイズ性が乏しいです。もう少しCPUを強くしたいとかなら別モデルを選択する必要があります。メモリやストレージも標準構成だとやや物足りないので、盛っていくと思ったより予算がかさんでしまうなんてこともあるのかも・・・

 

mouse DT5-Gをおすすめしたい人

mouse デスクトップ DT6-G

  • GPU搭載モデルを激安で手に入れたい人
  • 初心者やライトユーザーに
  • インテル入ってるPCが欲しい人
  • カスタムベースとして欲しい人
  • 予算が10万円以下の人

mouse DT5-Gを紹介してきました。

非常にコストパフォーマンスに優れたパソコンになっており、写真編集や動画編集、ゲームなどを楽しめるのが魅力の1台。こだわった処理はしないというライトユーザーなら、向こう数年は現役で使っていけるはずです。余った予算で周辺機器やモニターなどを準備するのも面白いのではないでしょうか。

マウスコンピューターは、安心の国内生産に加えて、サポート面でも定評があるので安心ですよ→【独自取材】マウスコンピューターのカスタマーサポートセンターへ潜入!

関連リンク

>>>パソコン関連記事をもっと読む

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか、アイコン
カメラやパソコン情報発信ブログを運営!ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが大好きでX-T4、X100Vを愛用中。そして憧れのLeicaにも手を出す…フォトコン挑戦中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2022 All Rights Reserved.