カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

FUJIFILMのXF10-24mmF4 R OISをレビュー!ただの超広角レンズじゃありませんでした

 
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

FUJIFILMXマウントシステムは、APS-Cでも「最高クラスの画質」と言われています。

それはカメラだけではなく、レンズによるところも大きいはず。

ならば、FUJIFILMのファンとしてXFレンズの素晴らしさを独自に解説してみよう!と勝手な思いつきでレビュー記事を書いていきたいと思います。

「使ったことのあるレンズは愛をこめて」

「未使用のレンズには憧れをこめて」

完全に独断によるものですが「検討されている方に少しでもお役に立てれば」との思いからです。大きな愛で読んでもらえればありがたいです(笑)

今回は「XF10-24mmF4 R OIS」

スポンサーリンク

Xマウントの広角レンズ代表!XF10-24mmF4 R OISをレビューしていく

 

FUJIFILMのレンズの中で、超広角の焦点域をもつレンズ。

圧倒的広がりを見せる「超広角の世界」は撮る人間を夢中にさせます。焦点域が「36mm」までカバーしているので、標準的な使い方もできます。XF10-24mmをつけっぱなしで、かなりのシチュエーションで撮影がきます。そういう意味では器用さも合わせもっているレンズだと思います。

個人的には、これで沖縄とか台湾とか行ってみたいです。海が近いところだと楽しそう~!

ネコ弟子
グルメ旅にゃ

 

「XF10-24mmF4 R OIS」のスペックを見てみよう

焦点距離 10~24 mm
開放F値 F4.0
手ぶれ補正  〇
防塵防滴  ✖
レンズ構成 10群14枚
絞り羽枚数  7枚
最大撮影倍率  0.16倍
最短撮影距離  0.24m
フィルター径  72mm
重量 410g

フルサイズ換算で15~36mm相当の焦点域をカバー!超広角らしい圧倒的な広がりが、人の目では見切れない世界観を表現してくれる。410gと比較的軽量であることも嬉しい。

開放F4.0は物足りないように感じるかもしれませんが「もともと手ぶれしにくい広角」と、「手ぶれ補正を搭載している」ことで全く問題がないように思えます。暗い室内や、ちょっとした夕景くらいなら手持ち撮影も可能じゃないでしょうか。(被写体ブレは別)

広角レンズということで光源は避けられず、ゴーストやフレアなども気になりますが、最新のコーティング「HT-EBC」を施してあるので大丈夫。

そしてやっぱりズームしても全長の変わらないレンズはいいなぁ・・・

 

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

【初心者向け】FUJIFILMのレンズのスペック用語を解説してみた

XF10-24mmF4 R OISはここが素晴らしい!

圧倒的超広角の15mmは圧巻


(出典:FUJIFILM

広角レンズを使えば「広い範囲を写しこめる」というのは、ご想像の通りです。このレンズは10mmスタートの超広角レンズなので、目の前の景色を余すところなく写真におさめることができます。

また広角レンズでは、手前に配置したものは大きく、背景は小さく写るので上の写真のように、人物(手前)を強調した作品を撮ることもできます。

こうした立体感の出しかたは、標準~望遠のレンズでは出せません。

 

手ぶれ補正搭載だから、開放F4で問題無し!

開放F4って、ちょっと物足りない・・・そういう方もいるかもしれません。

このレンズはOIS(Optical Image Stabilizerの略)という光学の手振れ補正機能が搭載されています。

手振れが発生する目安としてはシャッタースピードが、1/焦点距離以下になる場合だと言われています。

50mmならシャッタースピードの目安は1/50といった具合ですね。XF10-24mmのワイド側の10mmなら1/10のシャッタスピードまで狙っていけます。結構違いますよね!

そういう意味では「もともと手振れは発生しにくいレンズ」なのですが、保険で手振れ補正もついてくるとなると安心感が違います。

なにより絞りがF4固定なので、ズームによって設定(絞り値)が変更されないのも地味に嬉しいポイントです。

 

ズームしても全長が伸びない

そしてもう1つ嬉しいのが、ズームしても全長が伸びないこと。

レンズをズームしたときに「うにょーん」と全長が伸びるとデザイン性を損ねる場合があります。伸びたままだと、どこかにぶつけてしまう危険性もありますしね・・・(最短撮影距離も短いから近づきたくなるんです)

地味だけど個人的にはナイスポイントの1つだと思います。

 

410gと軽量で、ほどよいサイズ感

超広角レンズって、レンズを前から見ると「ギョロ」っとした目玉で見つめられる訳ですが・・・とにかく大きいレンズが多いです。

XF10-24mmF4は、410gとそこまで大きくないです。イメージ的には「XF18-55F2.5-4 R」を一回り大きくした程度です。

 

富士のミラーレスカメラなら、Tシリーズはもちろん、Proシリーズでもバランスを失うことはないでしょう。

XF10-24mmF4 R OISのデメリット

・広角につきものの周辺問題

・XF14mmのほうが画質面は良い

・防塵防滴ではないこと

 

「周辺流れが気になる!」という人にはおすすめは出来ないレンズかもしれない。そもそも超広角を表現できるのがメリットであって、流れないことがこのレンズの最大の特徴ではない気がするけども・・・

ということで、気になる人は「XF14mmF2.8」を購入しよう」!

かなり高性能なレンズだけど「赤バッジ」じゃないんですよね~。防塵防滴もないしF2.8でもないので、当然かもしれません。逆に超広角のF2.8通し、防塵防滴の「赤バッジ」が登場する隙間を残しているという事?それはそれで楽しみ。

スポンサーリンク

ズバリこんな人におすすめ!

・超広角が大好きな人

・広角~標準域まで使いたい人

・便利なズームレンズを探している人

 

やっぱり「このレンズ便利だよな~」というのが一番の感想。

僕の次買うレンズ最有力候補です!!(←どうでもいい)

 

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

その他のレンズ記事

他にもFUJIFILMのレンズの記事を書いていますので参考になるかもしれません。

・FUJIFILMの神レンズ【まとめ】

・FUJIFILMのX-T2のレンズキットはお得なのか?

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

・FUJIFILM 広角おすすめランキング

 

紹介した機材

 

 

まとめ

XF10-24mmF4は超広角だけじゃない!意外と懐の深いレンズだった!

最大の特徴である、FUJIFILMのレンズの中で最も広角だと言う事で「買いだ!」という人も少なくないでしょう。何といっても広大すぎる世界を表現できますからね。

それでいて「手ぶれ補正」「F4.0通し」などの嬉しい機能もあり、35mm付近までカバーする守備範囲の広さ!ここまで書いて思うのが「XF10-24mmF4 Rは本当に素直なレンズ」だということ。

僕はFUJIFILMのカメラを買ってから、ずーーーーーーーーっと検討していますが、残念ながら購入に至っていません。

なぜなら「XF14mmF2.8」「XF16mmF1.4」などの魅力的なレンズが他にもあって決断に至っていない事。XF16-55mmF2.8を持っているので「十分じゃない?」と思っていることが理由です。

でも、頭をよぎるとほしくなる(笑)

「便利そうだな~」というのはもちろんですが、このレンズ「楽しそう!」なんですよね!

最後まで読んでいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.