FUJIFILM XF16mmF1.4 R WRをレビュー!唯一無二の世界を堪能あれ

FUJIFILMXマウントシステムは、APS-Cでも「最高クラスの画質」と言われています。

それはカメラだけではなく、レンズによるところも大きいはず。

ならば、FUJIFILMのファンとしてXFレンズの素晴らしさを独自に解説してみよう!と勝手な思いつきでレビュー記事を書いていきたいと思います。

「使ったことのあるレンズは愛をこめて」

「未使用のレンズには憧れをこめて」

完全に独断によるものですが「検討されている方に少しでもお役に立てれば」との思いからです。大きな愛で読んでもらえればありがたいです(笑)

今回は「XF16mmF1.4 R WR」

スポンサーリンク

XF16mmF1.4 R WR

 

2015年の発売以降、異彩を放つレンズとして巷で騒がれている。騒いでいる人は、僕です。どうもこんにちは。

これまで広角の写真はそれほど撮ってきた訳ではないですが「本格的にやろうかな?」なんてその気にさせてくれそうなレンズ。

防塵防滴や高速なAFにも期待をもてる。このスペックで375gというサイズ感も嬉しい。

スペックを見てみよう

焦点距離16 mm
開放F値F1.4
手ぶれ補正
防塵防滴 〇
レンズ構成 11群13枚
絞り羽枚数 9枚
最大撮影倍率 0.21倍
最短撮影距離 0.15m
フィルター径 67mm
重量 375g

フルサイズ換算で24mm相当と、あって人間の目では見切れないようなダイナミックな写真を撮ることが可能。

このレンズ最大の特徴は「最短15cm」の接写が可能なことだと思う。

これは世界初のことで、F1.4の大口径と合わせて「大きく」「ボケ味」のある写真が楽しめる。想像しただけで鼻血が出そうなのは、きっと僕だけではないはず?

花や小さな水滴まで存在感を感じられる程の撮影ができる。それでいてサイズも大きすぎないので、持ち運びも苦痛にならない。

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

【初心者向け】FUJIFILMのレンズのスペック用語を解説してみた

XF16mmF1.4 R WRのメリット

・最短15cmの近接撮影

・F1.4の大口径

・防塵防滴

広角を使いたいシーンはアクティブなシーンも多いので防塵防滴は歓迎できる。

散漫になりがちな広角レンズだけど、このレンズは最短15cmと大口径で「寄って」「ボカして」背景の処理も出来る。

僕のような広角ビギナーこそ、使って楽しいレンズなんじゃないだろうか?もちろんもともと広角使いの方なら、新しい表現の可能性を多分に秘めている。

近くの被写体は大きく、遠くの被写体は小さくという広角レンズの特性を活かしてダイナミックな写真を量産しよう。

スポンサーリンク

XF16mmF1.4 R WRのデメリット

・ライバルはFUJIFILMのレンズ?

・使うシーンが限られる?

・角型フードがこわい

このレンズが魅惑のレンズだと理解しつつも踏み出さないのが、FUJIFILMのレンズにはライバルがいるから!

ライバルは以下の2つ。

・XF16-55mmF2.8 R LM WR

・XF14mmF2.8 R

 

(広角という)ある意味で使い勝手が限られるレンズで単焦点勝負というのが購入に踏み切れない一番の理由。

XF16-55を既に所持している身としては、画角だけで見ると訴求力が薄い。もちろんF1.4や最短15cmという特別な機能性は魅力を感じる!けど、使い勝手のほうが勝っている感じかな?

はるペン
かな?って・・

あとアルミ製の角型フードがこわい!カメラをぶら下げていたら、近くによってきた子供に激突しそう(笑)

ズバリこんな人におすすめ!

・広角ジャンキーな方

・新しい表現を試したい方

 

このレンズは唯一無二のスペックと搭載しているレンズだと思うので、広角好きの人は迷わず購入してしまっていいと思う。

ボケにくい広角でありながら、15cmの最短距離で撮影すれば柔らかいボケを楽しめる。カタログの言葉を借りるなら「未知の領域へ」辿り着きたい人にはおすすめのレンズだ!

その他のレンズ記事

他にもFUJIFILMのレンズの記事を書いていますので参考になるかもしれません。

ミラーレスなら富士フイルム!人気の理由をレンズから解説【神レンズまとめ】

・FUJIFILMのX-T2のレンズキットはお得なのか?

・XF35mmF1.4は神レンズなので売却しました

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

・Xマウントで写真を撮るなら?人気のレンズ5選

 

▼FUJIFILMのX-T2も頑張ってレビュー記事を書いています

僕が愛する【FUJIFILM X-T2】を徹底レビューしてみようと思う

紹介した機材

 

まとめ

唯一無二のスペックで、未知なる領域へ踏み出そう!

作例を色々なところでみかけますが、周辺まで歪みが少なく、しっかりと解像しているレンズだと思います。それでいて柔らかいボケ、近接撮影、防塵防滴とあれば、使わない理由なんてないのかもしれません。

珍しく嫁さんが「欲しいかも」といったレンズでありながら、我が家ではライバルに席を譲る形となってしまった。

次こそは!と思いながらも、買うならXF10-24mmF4 R OISかなぁ・・なんて思うのでした。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。