マクロレンズ XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro!富士フイルムの等倍マクロがやっときた

xf80

FUJIFILMXマウントシステムは、APS-Cでも「最高クラスの画質」と言われています。

それはカメラだけではなく、レンズによるところも大きいはず。

ならば、FUJIFILMのファンとしてXFレンズの素晴らしさを独自に解説してみよう!と勝手な思いつきでレビュー記事を書いていきたいと思います。

「使ったことのあるレンズは愛をこめて」

「未使用のレンズには憧れをこめて」

完全に独断によるものですが「検討されている方に少しでもお役に立てれば」との思いからです。大きな愛で読んでもらえればありがたいです(笑)

今回はついに等倍マクロが来た!「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro

 

マクロ好きにとっては、これまで富士フイルムのシステムでは我慢を続けるしかない環境にありました。

XF60mmはシリーズ最高峰の解像度でマクロ撮影が可能ですが「ハーフマクロ」になっています。実質必要十分と言えばそうかもしれませんが、やはり等倍マクロが欲しくなるのが、マクロ好きなる人種です。

富士フイルムから満を持して登場となりましたので嫌でも期待してしまう!!

 

・XF60mmF2.4から進化した超絶画質

XF90mmF2並みの超絶画質

 

どうやら「超絶画質」と言う事が満場一致で決定したようです(笑)

動画もありましたのでご覧ください。最後のほうに出てくる画質が、思わず息を飲むほど綺麗です。

スペックを見てみよう

焦点距離80mm
開放F値F2.8
手ぶれ補正 〇
防塵防滴 〇
レンズ構成 12群16枚
絞り羽枚数 9枚
最大撮影倍率 1倍
最短撮影距離 0.25m
フィルター径 62mm
重量 750g

画質面に関してもも、解像感や立体感、ボケの美しさなどは高レベルでまとめてくるでしょう。その辺のコメントはもう必用ないのかもしれません。

手ぶれ補正も、角度ブレやシフトブレに対応してくれているので、近接撮影時に味方になってくれます。テレコンにも対応しています。

×1.4=171mmF4相当

×2  =244mmF5.6相当

ちなみに発売は11月との事です。

人気のレンズは予約時点であふれてしまう可能性もありますので、早め早めに動いたほうが良さそうですね。

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

【初心者向け】FUJIFILMのレンズのスペック用語を解説してみた

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroのメリット

・等倍撮影が可能

・花や昆虫、マクロな世界と友達になれる

・超絶画質

まだ発売になっていませんが、画質は「超絶画質」で間違いないでしょう。逆にこれだけ待たせて、いい加減な画質と考えるほうが無理があります。

ガーデニングが趣味な人なら、このレンズをもって自慢の庭に出れば1日中幸せに過ごせそうです。自慢の花と、それによって来る虫たち、夢中でシャッターを切れば素晴らしい写真が撮れそう。

「自分の庭を作品に変えるって素敵!」と思ってしまうのは僕だけでしょうか?

ネイチャーの分野が好きなら、持っておきたい1本になりそうです。

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroのデメリット

・重い

・高い

・でかい

ようやく等倍マクロで撮れるのか・・・と感慨深くなったのもつかの間「価格」という現実に押しつぶされそうな僕がいます。

はるペン
・・・高い・・

13万円前後でのスタートとなりそうですので、これならもう少し足してXF40-150を買ってしまいたくなる・・・

750gというサイズ感も「気軽に撮影」とはさせてくれません。

「本気で作ったので、本気の人だけ使ってください」って幻聴が聞こえてきそうなほど。最近はどのメーカーもマクロレンズが高騰しているような気がして悲しい・・・どうか・・どうか!一般ピーポーでも手が届く等倍マクロレンズプリーズ。

スポンサーリンク

ズバリこんな人におすすめ!

・マクロ撮影をこよなく愛する人

 

もうこれでしょう。

マクロ撮影を「どれだけ本気でやるか?」これがこのスーパーレンズから問われている唯一の条件な気がしてなりません。

その他のレンズ記事

他にもFUJIFILMのレンズの記事を書いていますので参考になるかもしれません。

・FUJIFILMのレンズレビュー【まとめ】

・XF35mmF1.4は神レンズなので売却しました

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

・Xマウントで写真を撮るなら?人気のレンズ5選

 

▼FUJIFILMのX-T2も頑張ってレビュー記事を書いています

僕が愛する【FUJIFILM X-T2】を徹底レビューしてみようと思う

紹介した機材

 

まとめ

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは本気のマクロ撮影がしたい人向け!

いや・・僕も本当にマクロ撮影が好きなんですよ。でもこのレンズから「本気??」って聞かれると躊躇してしまいます(笑)

もちろん読み方は本気って書いて「マジ?」です。たぶん(レンズ前面の)目を大きく見開いて、そう問うてきております。。。

そこで私はこう答えます

 

 

 

 

 

「XF70mmF2.8マクロプリーズと・・・」(無い)

 

 

メーカーさんには、もう少しだけ気軽に撮影できるマクロレンズを作って欲しい。(切望)

空と君との間、XF60ほど気軽ではなく、かと言ってXF80ほど本気でもない。そんなレンズを開発してください。

Xマウントって、こんな時にサードパーティーの選択肢がないのが痛いですよね。まぁ、あっても富士フイルムのレンズを使うと思いますけど。

今日は心の声をぶちまけてみました~最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。