(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

【作例あり】XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroレビュー!手持ち撮影が可能なマクロレンズ

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

こんにちは!はるか(harucamera33)です!

富士フイルムユーザー待望の等倍マクロレンズXF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroを使う機会がありましたのでレビューしたいと思います。

強力な手振れ補正のおかげで、手持ちでマクロ撮影が可能。しかも防塵防滴で全天候に対応するという、マクロ好きにはたまらない夢のようなレンズになっています。

お花やネイチャーが好きな人や、望遠よりのポートレート撮影なんかにも良いかもしれません。作例も紹介しているので、参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー

富士フイルムのシステムでは、マクロ撮影においては我慢を強いられるような環境が続いていました。と言うのも、マクロレンズとしてはXF60mmF2.4 R Macroしかなかったからです。

XF60mmF2.4 R Macroはハーフマクロであったり、画質を優先したあまりオートフォーカスの速度が遅いなどの弱点も持っており、マクロ好きにはやや物足りない性能となっていました。

軽量でシリーズ最高峰の解像度を持っていますし、決して悪いレンズではありませんが「どうせなら等倍で撮影したい」という願いがあったのも事実でしょう。

そんな環境に光が射したのは、今回紹介するXF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroの登場があったからです。

まずはメーカーが用意している動画をご覧ください!この動画だけでも胸が高まりますよ(笑)

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroの紹介動画

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroの外観写真

※今回はお借りした環境にて撮影しております。

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは、重量が750gとXシリーズの中でも大きめになっています。長時間の撮影や、1日持って歩くのは体力がいるかもしれません。

外観の質感は良いですが、ピントリングがゴムなので経年劣化で白くならないか心配。とは言え、マクロレンズですし、マニュアルフォーカスを頻繁にすることを考えるとこれで良かったのでしょう(金属性だと手が痛くなる可能性がある)

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

大きいといっても男性の手だと収まりは悪くありません。重すぎるとか、大きすぎると言ったストレスは撮影中には感じませんでした。Tシリーズや、Hシリーズなどのグリップがしっかりした機種で使いたいところではあります。

 

絞りリングの抵抗が強め

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

絞りリングは防塵防滴のためのシーリングが施されているからか、ややゴムのような抵抗感があります。個人的にはコクコクしたクリック感が好きなので、ちょっとだけ残念。

開放絞りはF2.8で、マクロレンズとしては標準的です。

ピント位置を任意で選べるようになっていますので、最短側、無限遠側など被写体に合わせて切り替えましょう。正直に言うとFULL側ではピントが思った位置にあいづらいので、頻繁に切替を行っていました。

間違えて手振れ補正のスイッチを切ってしまうこともあったので、撮影の店舗が乱れることもしばしば・・・まぁ、ピントがシビアなマクロレンズだからこそかもしれませんね。

 

フードは樹脂製で軽い

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

フードは樹脂製ですので、富士ユーザーにはお馴染みの質感といったところ。軽量ですが、存在感はそれなりにアップします。最短撮影距離は、0.25mなので影を作ってしまわないように配慮が必要です。

 

XF80mm マクロのフィルター径は62mm

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroの保護フィルター径は62mmです

 

X-T3でも手振れ補正があるから安心

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

マクロ撮影時に気になるシフトブレに対応した手ブレ補正機能を搭載。ボディ内手振れ補正が非搭載のX-T3ですが、XF80mmマクロならレンズ側でしっかり止めてくれます!比較的大きなレンズになりますが、グリップもしっかりしている機種なので安定感があります。

CIPAガイドライン準拠で5.0段分の手振れ補正性能を実現していますので、手持ち撮影においても安心感してシャッターを切れます。X-T3は最新機種なだけあって、ピント合わせも速く快適でした。

はるペン
マクロ好きとしては楽しいレンズです!

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroの性能・スペック

焦点距離80mm
開放F値F2.8
手ぶれ補正 〇
防塵防滴 〇
レンズ構成 12群16枚
絞り羽枚数 9枚
最大撮影倍率 1倍
最短撮影距離 0.25m
フィルター径 62mm
重量 750g
価格

スポンサーリンク

【メモ】テレコン使用時

  • ×1.4=171mmF4相当
  • ×2 =244mmF5.6相当

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroの作例

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

アウトフォーカス部のやわらかさは富士特有かもしれません。僕の大好きなゆるふわを見事に再現してくれます。マクロレンズで撮影しているだけで、平気で何時間も過ぎるから不思議。

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

フルサイズ換算で122mm相当の焦点距離なので、ピント面はかなりうっすいです。圧縮効果を活かして前ボケを作ってやると独特の世界観を表現できます。

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

ピントは本当にシビアなので、少し絞って撮影するほうが後から見なおした時の公開は少ないかもしれません。僕もさすがにF5.6~F8.0あたりを使うことが多かったです。

これだけ絞ると、今度はシャッタースピードが落ちてしまうのが気になります。XF80mmマクロの手振れ補正には本当に助けられました。

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroで昆虫撮影も楽しい

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

普段意識することの少ない「小さな世界」には魅力がたくさん。名前も知らない昆虫たちの世界を少しだけのぞくことができました。立体感、解像感がすさまじいです!

はるペン
これはたぶんエビ!
ネコ弟子
グロイけどかわいいにゃ

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

画質面に関しても、解像感や立体感、ボケの美しさなどは高レベルでまとまっていると感じます。その辺のことはもう書く必要ないのかもしれません(笑)

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroのメリット

  • 等倍撮影が可能
  • 花や昆虫、マクロな世界と友達になれる
  • 解像感、立体感が素晴らしい
  • 手振れ補正の安心感
  • 防塵防滴の無敵感

マクロレンズに必要なものは全てぶち込んだ!と言わんばかりのXF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro。富士フイルムには「等倍マクロでAFが効くレンズはこれしかない」ので、もはや一択かと。

撮影会で持っている人も良く見かけますし、必要性を感じたなら手にしない理由はありません。

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroのデメリット

逆にデメリットを考えると、それなりに買わない理由も見つかってしまうのが頭の痛いところ。

大きい、重い、値段が高いというのは、誰しもが頭をよぎるでしょう。「せっかく軽いミラーレスカメラを選んだのに」ということにもなりかねません。

富士フイルムのラインナップを見ると、望遠ズームのXF50-140や、XF90mm F2.0など魅力的なレンズがそろっているのも悩みが深いです・・・

はるペン
これが沼か・・

 

開放でのボケが独特!

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

F2.8で撮影

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro レビュー ブログ 作例

F4.0で撮影

開放のF2.8で撮影した写真です。周辺のボケが流れるような描写になっているのがわかります。F4.0に絞るとそれなりに改善されるのですが、それでもややうるさい印象を受けるかもしれません。

 

XF80mmとXF90mmで比較すると悩む

名前XF80mm F2.8 マクロXF90mmF2 R LM WR
焦点距離80mm90mm
開放絞りF2.8F2.0
最大撮影倍率1.0倍0.2倍
最短撮影距離25cm60cm
フィルター径62mm62mm
重さ750g540g
価格

似たような焦点距離をもつ、XF90mmF2 R LM WRと比較検討している人は多いかと思います。結論を言うと「どちらも変えは効かないレンズ」なので、役割を兼用しようと思うと不満が残るかと思います。

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroを買えば手振れ補正もあるし、等倍で撮影もできる!「明るささえ容認できればXF90mmF2 R LM WRはいらないのでは?」と思っていました。

 

ポートレートメインならXF90mmのほうがおすすめ!

XF90mm F2 R LM WR 作例

XF90mmで撮影

ポートレートで使うなら圧倒的にXF90mmをお勧めしたいと思います!絞り開放からボケはきれいですし、90mmにしかできない仕事があるんだと感じます。

80mmマクロをスナップ的に使ってもみましたが、少しいい加減になるとピントが全くあっていない写真が量産されてしまいます。この感じですと、ポートレートでテンポよく使うというのは難しいように感じました。

 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroはこんな人におすすめ!

  • マクロ撮影を徹底的に楽しみたい人

もうこれでしょう。マクロ撮影を「どれだけ本気でやるか?」これがこのレンズから問われている気がしてなりません。マクロレンズとしては完成形と言って良いくらいの性能ですし、選択肢の面でもこれしかないのかなという思いです。

玉ボケの形や絞りのクリック感など、個人的に気になるポイントもありましたが、ピント面はシャープですし、手振れ補正も強力で信頼できるレンズだと思います。

マクロレンズながら三脚不要というのは、荷物を減らす意味でも、構図の自由度の高さの面でも恩恵があります。片手で扱えるような気楽なレンズではありませんが、じっくりと撮影すると時間が溶けるように過ぎ去っていく楽しいレンズですよ(笑)

商品リンク

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro
Amazon楽天市場Yahooショッピング カメラのキタムラ
保護フィルター 62mm
Amazon楽天市場Yahooショッピング -

おすすめ関連記事

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.