カメラのこと、写真の撮り方、写真編集PCなどを紹介しているブログ

XF56mmF1.2 RはFUJIFILMユーザーであることに感謝できる「神レンズ」!

 
  2018/06/04
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

(X-T10/56mm/F1.2/SS1/8000/ISO800)

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

僕が富士フイルムミラーレスカメラに移行するさいに絶対に使いたかったレンズが「XF56mmF1.2 R」です!

開放値F1.2という常識外れの明るさと、中望遠という特徴からも「期待感のあるレンズ」だということはおわかりいただけると思います。

しばらく使ってみた感想を書いてみますので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

XF56mmF1.2 Rをレビューしてみる

 

「XF56mmF1.2が使いたくて、FUJIFILMに来たよ!」という人は多いはず。僕はこのレンズだけは絶対に買う!と心に決めてFUJIFILMのシステムに移行しました。

開放F1.2の世界から吐き出される「大きなボケ」、そして「シャープさ」「繊細さ」「立体感」など全てが使い手を魅了する。まさに神レンズです。

このレンズで撮る写真の空気感は、なんというか「写真やってて良かった~」という気持ちにさせてくれるんですよね。

そんなとんでもないレンズを、記事にするなんて・・・うぅ~緊張するぜ!

ネコ弟子
大丈夫かにゃ?

 

スペックを見てみよう

焦点距離 56 mm
開放F値 F1.2
手ぶれ補正  ✖
防塵防滴  ✖
レンズ構成  8群11枚
絞り羽枚数  7枚
最大撮影倍率  0.09倍
最短撮影距離  0.7m
フィルター径  62m
重量  405g
価格

 

フルサイズ換算で85mmの焦点距離を持つので「ポートレート」に最適のレンズだと言うのは説明不要。

細部までシャープかつ、立体的に表現し、アウトフォーカス部は「ふわっ」とやわらかい描写をします。その空気感というか世界観は、満足をこえてきっと「しあわせ」になれるレンズ。

金属の外観で、手に持つとズシリと重く、レンズが贅沢に使われていることが容易に想像できます。

残念ながら防塵防滴性能や、手振れ補正機能なども搭載されていませんが、その分も「画質を追い込んだ」ということは、使えば理解できます。

 

▼奈良の鹿にモデルになってもらいました(56mm/F1.2/SS1/125/ISO800)

目にピントがきてない(涙)

馬鹿の一つ覚えで開放で撮ってるからこうなるんですね・・・気を付けましょう(え?自分じゃ?)

肩回りから背中にかけての毛並みの表現はさすがな感じ!背景のボケも相まって「やわらかい」「ふんわり」した写真が撮れました。

 

この写真をポートレートに置き換えて想像(イメージ)してみて下さい。

Imagine all the people ♬ 

世界はきっと一つになれるはず(真顔)

 

▼仏さまもきっと笑っている(XT10/56mm/F5.6/SS1/400/ISO800)

ネコ弟子
失笑にゃ
はるペン
そんなはずは・・・

このままでは名レンズも名曲もダメにしそうなので、自主規制をかけてストップしておきます。

 

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

【初心者向け】FUJIFILMのレンズのスペック用語を解説してみた

XF56mmF1.2 Rのメリット

 

XF56mmF1.2の素晴らしさ

・開放F1.2と超絶明るい

・シャープさとやわらかさを共存している

・使っていて幸せになれる←ここ重要

 

 

このレンズの特徴はなんといっても「ボケ」「やわらかさ」「シャープさ」だと思う。

ピントが合った部分の表現はパーフェクトだし、滑らかなボケも使っていて楽しい。絞り込めばシャープに写ることはわかっているのに開放で撮りたくなるのはご愛敬。

確実に名作を生み出せる予感しかしない。

(X-E2/56mm/F1.2/SS1/4000/ISO800)

スポンサーリンク

XF56mmF1.2 Rのデメリット

 

XF56mmF1.2の気になる点

・お値段が高め

・あまり寄れない

・腕が追い付いてこない感が・・・

 

このレンズを使うなら、それなりの覚悟が必要なのかもしれません。浅い被写界深度に加えて、写りはパーフェクトなので言い訳ができません(笑)まぁ楽しく使えば問題ないと思いますけどね!

お値段も気楽に買えるというわけではなく、新品で9万円前後というのは子持ちのパパにはちと気が重い。

それともう一歩踏み込みたい時に寄れないのが少し残念。実はXF90mmF2のほうが寄れるという・・・事実。

同じ価格帯で使い勝手を求めるなら「防塵防滴」「高速AF」の90mmのほうが良いかも?⇒FUJIFILM XF90mmF2 R LM WR レビュー

 

ズバリこんな人におすすめ!

・ポートレートに最高のレンズを探している人!

・どうせ買うなら神レンズという人!

・F1.2の世界にひたりたい人!

・写真で幸せになりたい人(笑)

 

だって神レンズだもん。僕のような人間ですら「お救い下さる」はずです。

実際に子どもをこのレンズで撮ると、バツグンの写りをします。さすがの嫁も気づくらしく「子どもを撮るなら56mmで撮って」と言ってくるくらいです。

 

XF56mmF1.2 R APD(アポダイゼーション)

 

ボケ味を追求するならAPD(アポダイゼーション)フィルター搭載バージョンも販売されています。

APDフィルターを搭載することで、より滑らかなボケを実現させています。FUJIFILMの売り場担当者に聞いたところ、実はフィルターを搭載している分だけ、若干暗くなるそうです。

比較してわかる程度だと思いますので、僕はAPDなしバージョンにしました。APD入りは一気に価格も上がりますからね。

 

手振れ補正機能が使えるようになりました

2018/3/1に発売された「X-H1」にはボディ内手振れ補正が搭載されています。もはや夜の闇は敵にならないのかもしれませんね。

こんなスーパーレンズが強力な手振れ補正付きで使えるなんて、幸せですね。

 

・富士フイルム「X-H1」はX-T2の上位機種?発売日はいつ?

 

関連記事

・XF35mmF1.4は神レンズなので売却しました

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

・Xマウントで写真を撮るなら?人気のレンズ5選

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

紹介した機材

 

 

まとめ

XF56mmF1.2 Rは撮っていて幸せになれる神レンズだった!

このレンズがあることがFUJIFILMユーザーであることの価値と言ってもいいかもしれません。それくらいインパクトのあるレンズだと思います。

僕は全然使いこなせていないけど、このレンズは使っていて楽しいし、ポートレートを撮るなら絶対に持参します。

 

嫁さんは、普段だとあまり感想をくれないんだけど、このレンズで子供を撮ったときは嬉しそうにコメントをくれます。個人的にはこれだけで「持ってて良かった」と思えますね。

 

「神様ありがとう」

 

 

こんな拙い作品と解説にお付き合いくださる読者さんも、僕にとっては神様みたいな存在です。このブログって、僕が想像していたよりもずっとたくさんの人が読んでくれています(感謝)

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.