(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

【F1.4とも比較】XF35mm F2 R WRレビュー!キットレンズの次に欲しい優良レンズ

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

XF35mm F2 R WR ブログ レビュー

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

突然ですが「XF35mm F2 R WR」を再購入してしまいました。防塵防滴で、AFも速くコンパクトな使い勝手の良い単焦点レンズです。実売価格は4万円前後、中古市場で3万円前後、出回っている数も含めても手に入れやすいレンズです。(何度も購入するのはおすすめしませんが笑)

富士フイルムには、同じ焦点距離でXF35mmF1.4 Rという神レンズと称されるタイプもあります。いったいどっちを購入すればよいのか?その辺も含めて書いていきたいと思います。

※現在リライト中のため、デザインに若干乱れが生じております

スポンサーリンク

XF35mmF2 R WRをレビュー

キットレンズでカメラを購入して、操作にも慣れたころに欲しくなってくるのがレンズです。多くの人が次の一本として単焦点レンズを希望しますが、XF35mmF2 R WRもそんなニーズを満たしてくれる1本です。

コンパクトながら画質も良く、AFも静かで正確、そしてピントが合うのも速い。そういう意味では、ヒット率の高いレンズでもあり、解放F2という明るさも魅力的。しかも防塵防滴ですから、全天候でバシバシ使っていけるレンズです。

F1.4のとろけるような繊細な描写とは異なり、やや力強いシャープでキリっとした描写は堅実でどこか安心感すら覚えます。Proシリーズのファインダーでケラレが生じないのもポイントの1つです。

フルサイズ換算で53mm相当する焦点距離は写真のイロハを身に着けるにも最適。Xマウントの単焦点レンズとしては安い部類に入るのですが、コストパフォーマンスで見ればトップクラスでしょうね!

XF35mmF1.4 Rを持っている人なら、わざわざ買い替える必要もないかもしれませんが、タイミングが合えば手にする価値のあるレンズだと思います。僕もなぜか、ブラックとシルバーをそれぞれ購入した経歴の持ち主です(笑)

 

【初回購入】XF35mmF1.4 Rを売却してF2.0を購入

XF35mmF1.4 R XF35mmF2R WR 写真

左:XF35mmF1.4 R  右:XF35mmF2R WR

実は初回ブラック購入時には、XF35mmF1.4 Rをドナドナして、XF35mmF2R WRを買いました。理由は「新型のレンズを使ってみたかった」というだけなのですが、今思えば買い増しにしておけば良かった・・・結局速いタイミングでF1.4を買い戻しました(笑)

F1.4の売却値段が高かったので、F2.0は実質無料で手に入りました。

35mmが2本あっても仕方ないと思っていたのですが、性質の違う2本なので割と使いまわしが可能です。普段はF1.4を使って、雨の時にはF2を持ち出すとか、AFを求める時にはF2といった具合です。

後ほど両者をもう少し細かく比較していきますが、まずはF2.0の開封を行います。(速く開けたい)

ははペン
レンズが2本あるわね
はるペン
なぜバレた・・・

 

XF35mmF2 R WRを開封

箱の外観はこんな感じ。明らかにXF35mmF1.4 Rの方が高級感がありました。シリーズ初期に登場しているレンズは気合いの入り方が違いますね(笑)

 

XF35mmF2 R WR レビュー ブラック ブログ 付属品

箱の中身はレンズ・フード・マニュアル・レンズケースです。ちなみに右下に写っている黒い袋が我が家にはたくさんあります(笑)持ち運び用のクッション材としては薄く、ちょっと足りないのであんまり使う機会がありません・・・カメラやレンズを置く座布団として活用しております。

 

XF35mmF2 R WR レビュー ブラック ブログ

超美品が手に入ったので満足!(この時は、また手放すなんて考えておりません)

 

XF35mmF2 R WRの特徴・外観写真

XF35mm F2 R WR ブログ レビュー

ここからは2度目の購入となったシルバーの登場。シルバーは明るめで、個人的にはもう少し落ち着いたシルバーか、若干ゴールドに寄せてほしかったなーなんて思ったりもします。

金属製で高い質感をもっており、所有欲を満たしてくれます。絞りのクリック感も良好です。

 

重さたった190gの軽量ボディ!持ち歩きも快適

XF35mm F2 R WR ブログ レビュー

XF35mmF2R WRの最大の特徴はコンパクトさでしょう。たった170gのレンズで、しっかりと解像するのですから驚きを隠せません。

重さによる撮影意欲の減少や、疲労感もないので、たくさん歩く時にも良き相棒になってくれます。もちろん交換用としてカバンに入れておいても圧迫感はありません。

 

XF35mmF2R WRは防塵防滴仕様

XF35mm F2 R WR ブログ レビュー

鏡筒各部には、計8箇所のシーリングを施すことで防塵防滴だけでなく、-10℃の耐低温にまで対応しています。過酷なシーンでの撮影が多い人は、F2.0を選ぶメリットは相当あるかと思います。

 

XF35mmF2R WRのフィルター径は43mm

XF35mm F2 R WR ブログ レビュー フード

XF35mm F2 R WR のフードはねじ込み式、フィルター径は43mmです。

シルバーなのにフードが黒というのが・・・ちょっとイケてません・・・・

 

X-Pro2とベストマッチング

XF35mm F2 R WR X-Pro2 ブログ レビュー フード

X-Proシリーズでもケラレが生じないため、XF35mm F2 R WRをチョイスしたという人も多いでしょう。AFはインナーフォーカス方式とステッピングモーターの採用により高速化が図られています。

とは言え、X-T3やX-T30などではF1.4も快適に動作しますので、最新機種を使っている人ならAF速度に神経質になる必要はないかもしれません。

スポンサーリンク

XF35mmF2R WRの作例

あまりスペックのウンチクばかりを言っても仕方ないので、XF35mm F2 R WRで撮影した写真を見てもらえたらと思います。

 

 

太陽が直接入る逆光にて、絞り解放で撮影。さすがにゴーストが発生しています。まぁ直射ですからね・・・

一眼レフの場合はファインダーで太陽を直接見なくてはいけないので撮影が困難です。ミラーレスなら目をつぶさずに撮影ができるので安心ですね(笑)

ネコ弟子
ミラーレスは安全だにゃ

今度は手前にボケを入れて撮影してみました。にじむようなボケではなく、なめらかなボケです。きれいですね。

 

最短撮影距離でのテスト。花と葉をシャープにしたかったのでF11まで絞って撮影しました。

XF35mmF2は35cmまで寄ることができ、最大撮影倍率は0.135倍です。決して近接撮影に強いとは言えないところが少々残念です。

 

撮り歩いて疲れてきたのでカフェに入って休憩。大好きな珈琲と、玉子クロワッサンをセットでいただきました。

近接撮影には強くないと書きましたが、座りながらでもこのようなカットは撮れます。

 

50mm付近の焦点距離は、ポートレート、風景、旅行などなど万能に使える距離です。XF35mmF2R WRは気軽に使えるという点でも、おすすめしやすい1本だと言えます。

 

XF35mmF2R WRとXF35mmF1.4 Rを比較

XF35mm F2 R WR, XF35mm F1.4 R,比較

両者を並べてみるとF2.0のコンパクトさがわかります。F1.4のほうは角形フードがカッコイイですね!こちらも十分にコンパクトです。

 

XF35mm F1.4 R,x-pro2,ブログ

ルックス番長のX-Pro2につけてみた。個人的にはこちらのほうが好みかな。

ネコ弟子
X-Pro2にうっとりしちゃうニャー

 

スペックの比較表

XF35mmF1.4 RXF35mmF2R WR
レンズ構成6群8枚6群9枚
絞り羽根枚数7 枚9 枚
最短撮影距離0.28 m0.35 m
最大撮影倍率0.17 倍0.135 倍
開放F値F1.4F2
最大径x長さ65×54.9 mm60×45.9 mm
重量187g170g
フィルター径52mm43mm
価格

 

結局のところ買うならどちら?

どちらも素晴らしいレンズであるという前提のもとに、あえておすすめをあげるのであればXF35mmF1.4 Rです。

絞り開放でのうっとりするようなボケは、一度体験してしまうと病みつきになってしまいます。少し絞ればシャープにも写りますし、小型さもさして変わりません。富士フイルムユーザーなら一度は手にしてほしいレンズです。

 

一方のXF35mmF2R WRですが、防塵防滴に対応したボディを持っていたり、少しでもAF速度を改善したいという人なら検討する価値はもちろんあります。コンパクトなレンズで防塵防滴に対応しているものは少ないですし、待ち望んでいた人も少なくないはずです。

僕の場合は、手持ちのレンズの中にはXF16-55mm F2.8 R LM WRという素晴らしいズームレンズがあるため、強引な言い方をすれば代替えが効くとも言えます。ただ、やはり重たいので軽量さを意識するときにはXF35mmF2R WRの存在をありがたく感じます。

価格的なことを見れば、XF35mmF2R WRが最も手を出しやすいですし、防塵防滴をはじめ、AFの速さなどの使い勝手の良さもあります。コントラストもやや高めな印象を受けました。

本当にどちらも素晴らしいレンズです。

ネコ弟子
安い方でいいにゃ
はるペン
それも大切なポイントだね

 

XF35mmF2R WRのデメリット

  • F1.4の存在感に悩まされる(F1.4があればいらないかも)
  • フードがややチープで、色違いだとマッチしない
  • 画角が狭く感じることがある(23mmのほうが良いかも)

 

XF35mmF2R WRはこんな人におすすめ

  • Proシリーズの愛好家
  • 気軽に使えるレンズが欲しい人
  • 防塵防滴のコンパクトなレンズが欲しい人

いつでも使える気軽な相棒を探しているなら、XF35mmF2R WRは本当におすすめです。画質も良いですし、AFも速く、防塵防滴なので、割と至れり尽くせりです。コストパフォーマンスで見れば、富士フイルムでもトップクラスでしょう。価格以上の満足感は必ず得られるレンズだと思います。

商品リンク

FUJIFILM XF35mmF2R WR(ブラック)
Amazon楽天市場Yahooショッピング カメラのキタムラ
FUJIFILM XF35mmF2R WR(シルバー)
Amazon楽天市場Yahooショッピング カメラのキタムラ
FUJIFILM XF35mmF1.4 R
Amazon楽天市場Yahooショッピング カメラのキタムラ

 

おすすめ関連記事

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、Leica X Varioを愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.