(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

XF16-55mmF2.8 R LM WRレビュー!富士フイルムで最強のズームレンズ

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなようにカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro2を愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

XF16-55mmF2.8 R LM WR レビュー ブログ

こんにちは!はるか(harucamera33)です。

この記事では、富士フイルム最強のズームレンズと言われたXF16-55mmF2.8 R LM WRをレビューしていきます

単焦点レンズに匹敵するとまで言われた描写力は、富士フイルムユーザーなら一度は手にしたいレンズであることは間違いありません。手ぶれ補正非搭載や、重量など気になるポイントもありますが、X-H1の登場で問題も解消しつつあります。

イベントやブツ撮り、旅行からポートレートまでこなせる、まさに万能レンズです。それではどうぞ!

スポンサーリンク

XF16-55mmF2.8 R LM WRをレビュー

フルサイズ換算で24mm~84mm相当の焦点距離をカバーし、全域でF2.8を実現しています。極限までこだわり抜いた光学設計により、高い解像力を発揮します。

風景、スナップ、ポートレートからイベントの撮影まで、あらゆるシーンで使える信頼性の高いレンズです。しかも防塵防滴に対応しているので、全天候で使える弱点の少ないレンズです。

はるペン
単焦点レンズ数本分と考えるとバーゲン価格です

 

XF16-55mmF2.8 R LM WRの外観写真

高品質な作りだが、重量は気になる

XF16-55mmF2.8 R LM WR レビュー ブログ

重量は655gという事からもわかるようにかなり大型のレンズです。とは言え、カメラと合わせても1kg少々だったりします。一眼レフだとなかなかこうはいかないので、ミラーレスカメラの恩恵は大きいと感じます。

全域でF2.8が使えるというのはありがたいですね!

XF16-55mmF2.8 R LM WR レビュー ブログ

手にズシリとくる重さがたまりません。ガラスや金属がパンパンにつまっていることが伝わってきます。

これで写りに期待ができないなんて言われたら嘘でしょう(笑)

 

花形フードが付属

XF16-55mmF2.8 R LM WR レビュー ブログ

XF16-55mmF2.8 R LM WRには花形のフードが付属します。逆光性能も高く、ちょっとやそっとではゴーストやフレアの影響も受けません。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR のフィルター径は77mm

XF16-55mmF2.8 R LM WR フィルター径 77mm

XF16-55mmF2.8 R LM WR のフィルター径は77mmです。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WRとX-H1の組み合わせが至高

XF16-55mmF2.8 R LM WR X-H1

XF16-55mmF2.8 R LM WRは大きなレンズですが、X-H1のグリップならしっかりとホールドが可能です。しかもボディ内手ぶれ補正までついてくるので、まさに鬼に金棒と言えます。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR X-H1

実はX-T3やX-Pro2などではレンズヘビーになるため、そこまで積極的に使えていませんでした。しかしX-H1が手元にきたことで、使用頻度はトップレベルに引き上がりました。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WRのスペック・性能

焦点距離16~55 mm
解放F値 F2.8
手ぶれ補正 ✖
防塵防滴 〇
レンズ構成 12群17枚
絞り羽枚数 9枚
最大撮影倍率 0.16倍
最短撮影距離 0.3m
フィルター径 77mm
重量 655g
価格

スポンサーリンク

XF16-55mmF2.8 R LM WRの作例

キットレンズにもなっているXF18-55mmだと、たまに解像感不足を感じることもありました。XF16-55になってからは不満は完全になくなりました。

空気感やヌケ感とでも言うのか、スッキリとした印象を受けます。

 

ズーム全域で高画質

XF16-55mmF2.8 R LM WR スナップ

ズーム全域で信頼できる写りをしてくれるので、レンズ交換の手間がありません。広角側はフルサイズ換算で24mmですので十分と言う人も多いでしょう。

XF16-55mmF2.8 R LM WR スナップ

望遠側で撮影すれば圧縮効果がかかります。看板だらけの雑然とした感じを見事にとらえてくれました。

 

ボケはきれいだけど、やや物足りないことも

ボケは円形でとても綺麗だと感じます。しかし解放F2.8ではとろけるような世界観を表せない場合もあります。

XF35mmF1.4などのお気に入りの単焦点を一本加えてやるのが良いかもしれませんね。

 

建物の描写もばっちり

XF16-55mmF2.8 R LM WR スナップ

一般的なズームレンズだと湾曲が気になってしまい、建物を積極的に撮影できないケースがあります。XF16-55mmは変な歪みも出ないので、帰宅後にモニターで見てがっかりすることもほとんどありません。

XF16-55mmF2.8 R LM WR スナップ

海外や旅行先だと有名な建築物を撮影したいこともあるはずですが、XF16-55mmなら安心してシャッターを切れます。

 

イベントや結婚式に最適

結婚式やイベントでの撮影って、めまぐるしくシーンが変わります。そんな時には悠長にレンズ交換なんてできませんので、XF16-55mmのような高品質なレンズは大きな助けになってくれます。

スナップ的にも、ポートレート的にも、テーブルフォト的にもソツなくこなしてくれます。

友人の結婚式にて。お酒がすすんだ席での撮影なので、あまり良い作例じゃなくてごめんなさい。それでもプラス補正で、料理のシズル感がなんとなく伝わってくるような?

ネコ弟子
おいしそうにゃ

 

XF16-55mmF2.8 R LM WRを含む動画

XF16-55mmF2.8 R LM WRを含む、レンズ数本で撮影した動画です。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WRのメリット

素晴らしいポイント
  • ズーム全域での高画質
  • F2.8通しの開放値
  • 防塵防滴

F2.8通しなので設定がコロコロ変更されることもありません。防塵防滴なので、悪天候での撮影でも安心感があります。全域で高画質とあれば、もうこれ1本という選択も大いにアリだと思います。

 

XF16-55mmF2.8 R LM WRのデメリット

  • 手ぶれ補正がない
  • 大きい、重い

 

重さは画質と引き換えだし、仕方がないと割り切るしかないでしょう。手ぶれ補正も欲を言えば欲しかったけど、X-H1なら弱点を補うことができます。

1点すごく気になったのが、ズーミングするとファインダーから風が抜けることです。それだけレンズに気密性があって、水分や砂ほこりを通さないということでしょうが、カメラ内部にゴミが回りそうな気がしないでもないです・・・

 

こんな人におすすめ!

  • 1本でなんでも撮りたい人
  • ズームレンズに「画質」を求める人
  • 風景をメインの人(全天候対応)
  • イベント・ライブを撮る人

富士フイルムの「極上の写真」を体感したいなら、このレンズを選択することは正解だと言えるでしょう。

単焦点レンズのような「ふわっふわ」「ボケボケ」を期待するのは酷ですが、「単焦点レンズに迫る画質」と言うのは誇張でもなんでもないと思います。

使っていて安心という域を超えて「信頼に値する」レンズなんだと思います。個人的には、ちょっと手放せないですね。

商品リンク

FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WR
Amazon楽天市場Yahooショッピング カメラのキタムラ

おすすめ関連記事

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなようにカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro2を愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.