(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

G-Tune P5レビュー!Core i7×GTX1650のスタンダードゲーミングPCは期待を裏切らないがポイント

はるか
WRITER
 
G-Tune P5,レビュー,ブログ,感想
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

マウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune P5」をお借りしたのでレビューします。

11万円台から購入可能なゲーミングPCで、コストをあまりかけたくない人にも選びやすいモデルです。ツボを押さえたスペックで、性能不足にも陥りにくい印象を受けました。いわゆるスタンダードモデルという感じですね。

ベンチマークソフトを使ってのパフォーマンスチェックや、使い心地などをレビューしていきますので参考にしてもらえると嬉しいです。

マウスコンピューター/G-Tune

G-Tune P5シリーズとは?

G-Tune P5,レビュー,ブログ,感想

マウスコンピューターが展開するブランドは、一般向けの「mouse」、ゲーミングの「G-Tune」、クリエイター向けの「DAIV」とあります。

G-Tuneブランドはゲーミングブランドですので、基本的には高スペックなマシンが前提になっています。特に描画性能に優れているので、ゲームはもちろん動画編集などのクリエイト作業にもおすすめのブランドになっています。

G-Tune P5シリーズの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • CPUにCore i7-9750を採用
  • GTX1650搭載で描画性に優れる
  • 15.6型フルHDディスプレイを搭載
  • 動作時間が約9.6時間と長め(低負荷時)
  • 写真編集、動画編集もOKなパフォーマンス
  • 税別¥119800~と比較的低価格
はるペン
バランスの良いノートPCですよ!

G-Tune P5-Dとのちがい

G-Tune P5-D,ちがい

余談ですがG-Tune P5と似たモデルで「G-Tune P5-D」というモデルがあります。両者の大きなちがいはCPUです。

  • G-Tune P5→ノート用CPU
  • G-Tune P5-D→デスクトップPC

G-Tune P5-DにはデスクトップCPUが採用されているので、より高負荷な処理をする人に向いています。メモリも最初から16GBですし、RAW現像とか動画編集に強さを発揮したいなら、G-Tune P5-Dを選ぶ方が良いかもしれません。パフォーマンスが上がった変わりに駆動時間が約7.6時間になっているのと、ベゼルが太めであることがネックでしょうか

僕だったらスタイリッシュなデザインと、使い勝手が良さそうなG-Tune P5を選ぶと思います。コストを極力落としたい時期だったらG-Tune P5-Dを選ぶかもしれませんが…この辺はノートパソコンに何を求めるか?が判断材料になってくるかと思います。

 

G-Tune P5シリーズの性能をチェック

G-Tune P5,レビュー,ブログ,感想

貸出機のスペックを確認していきましょう。今回はクリエイティブ用途への適応力も見たかったので、メモリを標準構成8GB→16GBへと変更しています。

スペック
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-9750H
  • GPU:GeForce GTX 1650
  • メモリ:16GB
  • SSD:256GB NVMe対応
  • 液晶:15.6型フルHD
  • 重量:約2.3㎏
  • 動作時間:約9.6時間

15.6型フルHD液晶で約2.3kgのボディは、ゲーミングPCとしては一般的と言った感じがします。Core i7×GTX1650の組み合わせも珍しくはありませんが、SSDには高速なNVMe対応なのでサクサク動作してくれました。こうしたツボを外してこないのはさすがだと思います。

G-Tune P5,レビュー,ブログ,感想

サイズは364.5×258×25.5mmで、手に持った感じもいたって普通です。ベゼルレスなので枠に意識がもっていかれず、画面に集中できるのはありがたいです。サイド側は、ウロコ模様のような加工が入っており、目立たない場所へのこだわりも感じます。

G-Tune P5,レビュー,ACアダプター

120WのACアダプターは、iPhoneの厚みを倍にしたくらいの感じです。これくらいなら持ち運ぼうという気持ちにはなります。

本機はMS-HYBRID機能を搭載しており、低負荷時は外部グラフィックではなくCPU内蔵グラフィックスを使用した駆動に切り替わります。その分だけ動作時間が約9.6時間と長くなるので、ACアダプター無しで割と乗り切れるかもしれません。

とは言え、負荷の関係で目減りする可能性も考えると携帯するのが安心かな…

 

キーボード

G-Tune P5,レビュー,キーボード

G-Tune P5のキーボードは、ゴムのような素材でできています。そのためやわらかくて静かなタイピングが可能になっています。もちろんバックライト付きなので、暗いシーンでも問題ありません。

 

15.6型フルHD液晶(ノングレア)を搭載

G-Tune P5,レビュー,ブログ,感想

従来品よりもベゼルが狭くなったことで、画面への没入感がアップしています。

ディスプレイの品質に関してはいたって普通という印象。残念ながら高リフレッシュレートとか、広色域とかはうたっていません。その分、コストで還元している形ですね。だからといって見え方が不自然とか、辺な色になっているとかはありません。自然な発色で好感が持てます。

 

G-Tune P5のインターフェース

G-Tune P5のインターフェースは、UHS-I対応のカードリーダー、HDMI、Mini DisplayPort、USBポートが搭載。USB3.1のうち1つはType-Cになっています。

無線はWi-Fi6にも対応しているので、対応機器を所有している人なら高速インターネットが楽しめます。ゲーマーにとってはネット環境(ラグ)だけでは負けたくないはずなので、結構大きなポイントになりそうです。

 

ベンチマークテスト

G-Tune P5のCPUチェック

G-Tune P5,CPU,性能、ベンチスコア

搭載されているCore i7-9750Hは、ノートパソコンとしては最高クラスのCPUになっています。ブラウジング、動画視聴はもちろん、高負荷なRAW現像、ゲーム、動画編集といった作業にも対応できます。これ以上の処理能力が必要なら、ノートパソコンは候補から外す方が無難でしょう。

参考までに、。PassMarkが公開しているスコアで、CPUを比較した表をご覧ください

CPUスコア
Core i7-9750H13777
Core i7-10510U9650
Core i7-8750H10415

旧世代のCore i7-8750Hも定評のあるCPUでしたが、Core i7-9750Hは約30%ほど高いスコアを示しています。パフォーマンスが高いほうが処理時間の短縮化はもちろん、様々な部分で良好な結果を得やすいです。

 

NVMe対応 SSDで気持ちよく動作する

Cドライブ,G-Tune P5,SSD,速度

Cドライブには高速なNVMe SSDが採用されています。一般的なHDDと比較しても20倍近く高速なのでキビキビと気持ちの良い動作をしてくれます。ゲームのインストールやロード時間も短縮されるので、無駄な時間を減らすことができるのは嬉しいポイントです。

 

G-Tune P5のゲーム性能はどれくらい?

グラフィックにはGeForce GTX1650が搭載されています。ハイスペックとまでは言えませんが、多くのタイトルは問題なく動作しますのでライトユーザーには十分だと思います。ただしグラフィック重視の最新ゲームでは厳しくなるので、その場合はGeForce GTX1660Tiを搭載した上位モデルの「G-Tune E5」を選ぶことをおすすめします。

GeForce GTX1650
写真イラスト動画編集ゲーム

GeForce GTX1650はコスパ重視のユーザーや、ライトゲーマーには狙い目のグラフィックになると思います。写真や動画、ゲームなど幅広い用途で快適に使えると思います。ただし解像度的にはフルHD環境が限界で、WQHDとか4Kとかで十分な結果を得るのは難しいはずです。

FF15,G-Tune P5,結果,ゲーム性能,

重量級タイトルで有名なFF15でさえ、フルHD標準品質なら「やや快適」という結果が得られます。これ以上重たいゲームというのも、そうはありませんので画質やフレームレートを気にしないのであれば十分なゲーミング性能だと言えると思います。

ちなみにライトゲーマーから支持を集めていた、GeForce GTX1050Tiだとスコアは3800程で「普通」という結果です。FF15に限って言えば、約40%ほど従来品よりも高性能だということができます。

 

RAW現像・動画編集もいける

まずRAW現像ですが、無料ソフトのRawTherapeeを使って100枚のRAWデータの一括変換にかかった時間は3分45秒でした。(設定はJPEG品質は90%、高画質)

編集をあててもストレスがありませんし、書き出しも思った以上に速いなというのが素直な印象です。同じように動画編集もためしてみましたが、よほどこだわった作品でもない限り十分使えると思います。自分の使い方では、フルHDクラスなら遅延などもなく自然な流れで編集を楽しむことができました。

マウスコンピューター/G-Tune

G-Tune P5シリーズの感想や評価

良いところ

  • CPU・GPUの性能がそこそこ高い!
  • コストパフォーマンスが良い!
  • NVMe SSDやWi-Fi6などポイントを外さない!
  • クセのないスタンダードな安心感!

G-Tune P5シリーズの良い所は、スペックなりのパフォーマンスがしっかり得られることです。ボトルネックや変なスコアの落ち込みが見られないので、安心して使えるという点は強調したいところです。それでいて高性能なSSDやWi-Fiもしっかり搭載してくれているのは有難く、クセがないので安心して使うことができると思います。

費用対効果で見ても十分「買いに値する」モデルでしょう。

 

ちょっとイマイチなところ

  • キーボードの配置が特殊
  • クセはないが個性もない
  • グラフィック性能がもう一声

キーボードの一部配列やサイズが小さくなっているところは、テキスト入力時にストレスを感じることがありました。ブログの執筆など大量の入力がある人は気になるんじゃないかと思います。

ゲーミングモデルにしては、ディスプレイのフレームレートが確保されていなかったりと気になるところもあります。ただしGeForce GTE1650でそこまで追い込んだ設定にするのかというのも疑問。性能なりにデザインされたパソコンという見方が正解なのかもしれません。そういう意味では個性がないので、面白みにやや欠けるのがネックでしょうか。

 

G-Tune P5をおすすめしたい人

こんな人におすすめ
  • コスパの良いノートPCを探している人
  • そこそこグラフィック性能を求めたい人
  • フルHDクラスのデータしか扱わない人
  • ライトゲーマー、動画編集をしたいクリエイター
  • バッテリー持ちが良いノートPCが欲しい人

公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのG-Tune P5を紹介しました。そこそこ手ごろで、しっかりとしたパフォーマンスが得られる良機だと思います。

15.6型スタンダードサイズに、良好なパフォーマンス、長時間駆動など使い勝手の良い1台になっていると感じました。ライトユーザーや趣味使いで不満が出ることはまずないでしょう。

一方でやや物足りなさを感じる部分もあったので、満足度の高いパソコンが欲しいならクリエイター向けブランドのDAIVから選ぶことをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
カメラ情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-T4、X100Vを愛用中。子供の写真やお花をメインに撮影しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2020 All Rights Reserved.