カメラのこと、写真の撮り方、写真編集(RAW現像)PCなどを紹介しているブログ

FUJIFILM「XF23mm F1.4 R」レビュー!高画質でボケもきれいな万能レンズ

 
はるか
WRITER







この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

FUJIFILMXマウントシステムは、APS-Cでも「最高クラスの画質」と言われています。そしてX-T3が登場したことで、AFは大きく進化をとげました。そんな中でふたたび注目されつつある「XF23mm F1.4 R」を取り上げて、作例をまじえながら感想を書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

富士フイルム「XF23mmF1.4 R」のレビュー!

XF23mmF1.4は、僕がFUJIFILMにマウント替えした際に購入したレンズです。高品質な外観と、被写界深度目盛や距離指標付きでスナップ(日常使い)に使いやすそうだと思ったからゲットしました。解放F1.4の明るく大きなボケと、自然な画角で日常を撮るのに最適なレンズだと思う。

そんな本レンズの魅力を十分に理解するために、まずはスペックを確認していきましょう。

 

XF23mmF1.4 R のスペック情報

焦点距離 23 mm
開放F値 F1.4
手ぶれ補正  ✖
防塵防滴  ✖
レンズ構成  8群11枚
絞り羽枚数  7枚
最大撮影倍率  0.1倍
最短撮影距離  0.28m
フィルター径  62mm
重量  300g
価格

 

フルサイズ換算で35mmの焦点距離が「日常」を撮るのに向いています。標準と言われる50mmよりも画角が広いので「わたしと旅」「わたしと料理」など、〇〇と〇〇といったような主題と副題を自然に入れ込みやすいです。応用力の高い焦点距離なので、スナップ、ポートレート、風景など多彩なシーンで使えます。

万能感のあるレンズが1本加わるだけでも表現力は上がります。それはそのまま撮影の楽しさや快適さにつながるので、気になっている人はぜひ手持ちに加えてもらいたいと思います。

ローパスレスの「X-Trans CMOSセンサー」に最適な光学設計で、色ノリも良く解像感のある写真が撮れます。レンズには多層式のコーティング「HT-EBC」が施されているので逆光耐性も高くクリアでシャープ。不満を探す方が難しいレンズかもしれません。

 

XF23mmF1.4 Rの作例と感想

AF速度は意外にも高速

XF23mmF1.4 R

信号を渡りながらの撮影。こうした撮影では瞬発力が求められます。XF23mm F1.4はインナーフォーカス方式を採用して高速化を図っているためか、意外にもスッと合ってくれます。

Xマウントの中でも比較的大きなレンズなので、AFは遅いのかな?なんて思っていましたが嬉しい誤算です。作例の良し悪しはおいておいて、そうしたスナップ的な撮影に助けになってくれることはおわかりいただけるかと思います。

 

ボケがきれいで滑らか

7枚円形絞り羽根を採用しているので、ボケは自然で滑らかです。ピントのあった部分もシャープです。

絞り環を操る所作も、ボケをコントロールする楽しさが味わえて撮影を盛り上げてくれます。クリック感はXF35mmF1.4のように柔らかくはないですが、勝手に回ってしまっていることもしばしば。もう少しクリック感が強くてもよい気はします。この辺は感覚的なことなので、個人差はあるでしょう。

 

色ノリもきれいで、解放からシャープ

XF23mmF1.4 R

富士フイルムといえば撮って出しでそのまま使えると言われることが多いです。赤い自転車に着目すると、たしかに良い色が出ています。後輪のカーブの質感もよく出ているように思います。防塵防滴、高速AFをうたったF2シリーズが発売されていても存在が色褪せないのは、やはり表現力があってのことでしょう。

 

XF23mmF1.4 R

 

もう少し大きく写したいこともある

XF23mmF1.4 R

街を歩いていると猫に出会えました。思わずカメラを向けたくなるシーンです。しかしフルサイズ換算で35mmだとあまり被写体を大きく写すことができません。ぐっと近づくと逃げられてしまうことも多く、こうした時には望遠側のレンズを使いたくなります。

ただ僕の感覚では「逃げられるのも楽しめる」レンズなんだと思います。え?っと思うかもしれませんが、35mm付近のレンズは写真を残すことよりも、写真を撮っていることを味わえるレンズだと思うからです。逃げられたこと、失敗してしまったこと、つまり写真に残らなかったストーリーも楽しめる。そんな不思議な魅力があるように感じます。

 

XF23mm F1.4は大きい?

X-T10のような小型のボディで使っていましたが、下部がボディよりも下にきます。机に置くとカメラが少し上を向いてしまうのは、やや不恰好にも感じます。カバンにコンパクトに収めたいと思っても、それは無理な注文でしょう。あとフードが大きいです・・僕は外して使っていました(笑)

重量的には300g程なので1日持ち歩いていても体力を無駄に消費することはありません。

 

XF23mmF1.4 Rのメリット

  • 使いやすい万能な画角
  • 柔らかいボケでふんわり撮れる
  • 表現力が豊か
  • 失敗してもストーリーを楽しめる
  • 所有欲を満たしてくれる

 

解放絞りがF1.4なので、ボケがとにかく好きな人は使っていて楽しいレンズだと思う。花火や室内での撮影でもシャッタースピードが稼げますし、便利さも持ち合わせています。

解放でシャープだから、広角気味のポートレートとか撮るのも面白そうです!FUJIFILMのカメラは肌の色も綺麗に出るし、やわらかい表現とあいまって「子供がますますかわいく撮れる」ということは体験談で申し上げておきます(笑)

表現力は定評のあるレンズなので、手に取っても後悔することはないはずです。

 

XF23mmF1.4 Rのデメリット

  • もっと大きく写したいこともある
  • 絞りリングが軽い
  • サイズが大きく高値である

 

もう少し「大きく」を叶えられないところが少し残念ではあります。それでも万能感のほうが強く感じるので、個人的には目をつぶれるレベル。

気になるのが絞りリングが軽くて開放で撮ったつもりなのに・・・なぜ?ということがありました。これはしっかりとモニターで数値を確認すれば防げる話ですけどね・・・「まぁ・・レンズに僕から合わせていこうかな!」(←何目線?)

スポンサーリンク

 

ズバリこんな人におすすめ!

こんな人は使ってみて
  • レンズ1本で色々撮影したい人
  • 万能感のあるレンズが欲しい人
  • 画質に定評のあるレンズを使いたい人
  • 室内ポートレートを撮りたい人

 

何回も言うけどこのレンズの最大の特徴は「万能」だってこと。このレンズを使って写真を撮っていれば「自然と腕が上がる」ような気がする。僕の腕があがらないのは確実に撮影不足だな(笑)

広い画角と、明るいおかげで少々暗いシーンでも手持ちで使える。ミラーレスのレンズとしてはやや大振りだけど、X-T3と組み合わせたら丁度良い感じ。

 

FUJIFILM  XF23mmF1.4R
Amazon 楽天市場 Yahooショッピング  カメラのキタムラ
レンズフィルター 62mm
Amazon 楽天市場 Yahooショッピング  カメラのキタムラ

 

その他のレンズ記事

他にもFUJIFILMのレンズの記事を書いていますので参考になるかもしれません。

ミラーレスなら富士フイルム!人気の理由をレンズから解説【神レンズまとめ】

・XF35mmF1.4は神レンズなので売却しました

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

 

まとめ

XF23mmF1.4は購入に値するレンズ!万能レンズでなんでも撮影できる。

フルサイズ換算で「50mmと35mmどっちが使いやすい?」と言われたら、初心者の方には35mmが絶対おすすめ!

その理由は、カメラを最初に手にして撮りたいと思うものの中には35mmと相性が良いものが多いから。カフェで友達と向き合った時や室内の子供撮りなど、50mmではちょっと狭いと思う。

〇〇と〇〇が撮れるのが35mm、〇〇が撮れるのが50mm。そんなイメージかな?写真とわたし、人生と全部みたいな??

ネコ弟子
よくわかんにゃい

写真になれた人なら、お好みで?って感じです(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
はるか・子持ちの♂ 『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2018 All Rights Reserved.