カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

FUJIFILM XF23mmF1.4 R レビュー!万能で高画質なレンズを体験せよ

 
  2017/12/05
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

FUJIFILMXマウントシステムは、APS-Cでも「最高クラスの画質」と言われています。

それはカメラだけではなく、レンズによるところも大きいはず。

ならば、FUJIFILMのファンとしてXFレンズの素晴らしさを独自に解説してみよう!と勝手な思いつきでレビュー記事を書いていきたいと思います。

「使ったことのあるレンズは愛をこめて」

「未使用のレンズには憧れをこめて」

完全に独断によるものですが「検討されている方に少しでもお役に立てれば」との思いからです。大きな愛で読んでもらえればありがたいです(笑)

今回は「XF23mmF1.4 R」

スポンサーリンク

XF23mmF1.4 R

 

XF23mmF1.4は、僕がFUJIFILMのマウントにシステム移行した際に購入したレンズ。高品質な外観と、被写界深度目盛や距離指標付きでスナップ(日常使い)に使いやすそうだと思ったからゲットした。まぁ・・目盛とか使わないんだけどね・・・・

F1.4の明るく大きなボケと、自然な画角で日常を撮るのに最適なレンズだと思う。

それでは詳細を見ていきましょう!

スペックを見てみよう

焦点距離 23 mm
開放F値 F1.4
手ぶれ補正  ✖
防塵防滴  ✖
レンズ構成  8群11枚
絞り羽枚数  7枚
最大撮影倍率  0.1倍
最短撮影距離  0.28m
フィルター径  62mm
重量  300g

フルサイズ換算で35mmの焦点距離が「日常」を撮るのに向いている。50mmよりも広めの画角が「わたしと旅」「わたしと料理」など、〇〇と〇〇といったような主題と副題を自然に入れ込みやすいので非常に使いやすい。

柔らかな描写と、ピントのあったところのシャープさはさすがの一言。万能な距離なので使っていて楽しいのも魅力的。

色のりも良く、逆光耐性もあるので不満はまったくないレンズ!!

(X-T10/23mm/F1.4/SS1/1700/ISO800)

レンズの基礎知識を確認しよう

初心者にとっては、カメラの専門用語はちょっとわかりにくいもの。そんな人のために、出来るだけ簡単に「レンズの基礎」をまとめました。

【初心者必見】元カメラ販売員がおすすめする!レンズの基礎知識と買い方

【初心者向け】FUJIFILMのレンズのスペック用語を解説してみた

XF23mmF1.4 Rのメリット

・使いやすい画角

・柔らかいボケでふんわり撮れる

・多彩な表現力

 

F1.4なのでボケる!ボケがとにかく好きなら使っていて楽しいレンズだと思う。

広角よりのポートレートにも使えるし、室内で子供を撮る場合なんかには一番良い画角だと思う。

FUJIFILMのカメラは肌の色も綺麗に出るし、やわらかい表現とあいまって「子供がますますかわいくなる」可能性が(←体験談)

表現力には定評のあるレンズなので、手に取っても後悔はしないだろう。

(X-T10/23mm/F1.6/SS1/60/ISO800)

XF23mmF1.4 Rのデメリット

・もっと大きく写したいことも

・絞りリングが軽い

・高額

 

もう少し「大きく」を叶えられないところが少し残念。それでも普段使いの画質が良いので目をつぶれるレベル。

気になるのが絞りリングが軽くて、知らない間にまわっていることも!?上の写真なんかも開放で撮ったつもりなのに・・・なぜ?という例。これはしっかりとモニターで数値を確認すれば防げる話。

「まぁ・・レンズには僕から合わせていこうかな!」(強がり)

スポンサーリンク

ズバリこんな人におすすめ!

・使いやすい画角で画質に定評のあるレンズを使いたい

・室内で人物を撮りたい人

 

ほんとうに万能な距離なので、このレンズを使って長く写真を撮っていれば「自然と腕が上がる」ような気がする。僕の腕があがらないのは確実に撮影不足だな(笑)

広い画角と、明るいレンズのおかげで少々暗いシーンでも手持ちで使える。ミラーレスのレンズとしてはやや大振りだけど、X-T2と組み合わせたら丁度良い感じ。

重さも300gなので重たすぎるということはない。

▼ばいちゃ~って感じ?(笑)

(X-T10/23mm/F3.6/SS1/1400/ISO800)

その他のレンズ記事

他にもFUJIFILMのレンズの記事を書いていますので参考になるかもしれません。

ミラーレスなら富士フイルム!人気の理由をレンズから解説【神レンズまとめ】

・FUJIFILMのX-T2のレンズキットはお得なのか?

・XF35mmF1.4は神レンズなので売却しました

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

・Xマウントで写真を撮るなら?人気のレンズ5選

 

▼FUJIFILMのX-T2も頑張ってレビュー記事を書いています

僕が愛する【FUJIFILM X-T2】を徹底レビューしてみようと思う

紹介した機材

 

まとめ

XF23mmF1.4は購入に値するレンズ!万能レンズでなんでも撮影できる。

フルサイズ換算で「50mmと35mmどっちが使いやすい?」と言われたら、初心者の方には35mmが絶対おすすめ!

その理由は、カメラを最初に手にして撮りたいと思うものの中には35mmと相性が良いものが多いから。カフェで友達と向き合った時や室内の子供撮りなど、50mmではちょっと狭いと思う。

〇〇と〇〇が撮れるのが35mm、〇〇が撮れるのが50mm。そんなイメージかな?写真とわたし、人生と全部みたいな??

ネコ弟子
よくわかんにゃい

写真になれた人なら、お好みで?って感じです(笑)

最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.