(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

XF23mm F1.4 R レビュー!高解像でボケにも優れた立体感のある写真が撮れる万能レンズ

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなようにカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro2を愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

XF23mm F1.4 R レビュー

こんにちは!はるか(@harucamera3)です。

FUJIFILMのXマウントシステムは、APS-Cでも最高クラスの画質と言われています。そんな最高の中にあって「より最高」と言って差し支えないのが、今回ご紹介するXF23mm F1.4 Rです。

久しぶりに持ち出してみても「やっぱり最高だな~」思えたので改めてレビューしたいと思います。なお冒頭の語彙力の少なさは、本文で補っていければと思います(笑)

スポンサーリンク

富士フイルム XF23mmF1.4 Rをレビュー

XF23mmF1.4は、僕が富士フイルムにマウント替えした際に購入したレンズです。高品質でカッコ良いルックスと、フルサイズ換算で35mmの焦点距離が日常を撮るのに向いていると思ったからです。あと被写界深度目盛や距離指標付きなところが、スナップ(日常使い)にも使いやすそうだと思いゲットしました。

標準と言われる50mmよりも画角が広いので「わたしと旅」「わたしと料理」など、〇〇と〇〇といったような、主題と副題を自然に入れ込みやすい焦点距離です。解放絞りがF1.4ということもあり、暗所やボケを作り出したい撮影に有利です。

そういう意味では応用力の高いレンズなので、スナップ、ポートレート、風景などなど色々なシーンで使えます。

そんな本レンズの魅力を十分に理解するために、まずは外観をなめまわすようにチェックしていきましょう。

 

XF23mmF1.4 Rの外観写真

高品質な外観で所有欲がMAXに満たされる

XF23mm F1.4 R レビュー

XF23mm F1.4 Rの外観は金属性で、仕上がりがとても美しいです。高品位なレンズはそれだけで所有欲を満たしてくれるので、この時点で「買って良かった」と満足できるほどです。

 

クラッチ機構を搭載

XF23mm F1.4 R レビュー

ピントリングはクラッチ式になっていて、引くことで瞬時にマニュアルフォーカスに切り替えが可能です。

絞り環のクリック感は柔らかめの印象。勝手に回ってしまっていることもしばしば・・・もう少し抵抗が強くてもよい気がしました。これは個体差があるかもしれません。

 

サイズは大きい?小さい?

XF23mm F1.4 R レビュー

「XF23mm F1.4 Rは大きい」そんな声をよく聞きます。

X-T10やX-E3などの小型のボディで使っていましたが、たしかにレンズの径がボディよりも下にきます。机に置くとカメラが少し上を向いてしまうのは、やや不恰好にも感られました。おさまりが良いレンズとは言えないのかもしれません。

とは言え、重量は300g程なので、1日持ち歩いていても体力を消費することはありません。実際の写りを見れば、むしろ持ち出したくなるレンズであることは間違いありません。

 

花形フードが少し大きい

XF23mm F1.4 R フード

もともと存在感の強いレンズなので、フードを取り付けるとさらに存在感が増します。

僕はフードを外して使うことが多いですが、LH-XF23を購入するのも手かもしれませんね。

 

X-Pro2に取り付けてみる

XF23mm F1.4 R X-Pro2

やだ、カッコイイ!

X-Pro2に取り付けてみました。Tシリーズのようにグリップがしっかりしたカメラではありませんが、個人的には取り回しの際にバランスを崩すことはないと感じました。

むしろカッコ良すぎませんか?(笑)

XF23mm F1.4 R X-Pro2

正面からパチリ

ネコ弟子
ハートを射抜かれたにゃ

 

XF23mmF1.4 Rのフィルター径は62mm

フィルター径は62mmです。XF55-200mmやXF56mmあたりと同じ径ですね。なんというかお馴染み感があります(笑)

 

XF23mmF1.4 R のスペック・性能表

焦点距離23 mm
開放F値F1.4
手ぶれ補正 ✖
防塵防滴 ✖
レンズ構成 8群11枚
絞り羽枚数 7枚
最大撮影倍率 0.1倍
最短撮影距離 0.28m
フィルター径 62mm
重量 300g
価格

スポンサーリンク

XF23mmF1.4 Rの作例

AF速度は意外にも高速

XF23mmF1.4 R

信号を渡りながらの撮影です。こうした撮影では瞬発力が求められますが、XF23mm F1.4は意外にもスッと合ってくれます。インナーフォーカス方式を採用して高速化を図っているためでしょうか。

Xマウントの中でも比較的大きなレンズなので「AFは遅いのかな?」なんて思っていましたが嬉しい誤算です。作例の良し悪しはおいといて、スナップ撮影適正が高いレンズだというのはご理解いただけるかと・・・わかって・・くれるよね?

最新機種はAF性能が引きあがっているので、レンズが生まれ変わったの?と感じるくらい速いです。

ボケがきれいで滑らか

7枚円形絞り羽根を採用しているので、ボケは自然で滑らかです。

絞り環を操る所作も、ボケをコントロールする楽しさが味わえて撮影を盛り上げてくれます。

 

ひつじ XF23mm F1.4

 

色ノリもきれいで、解放からシャープ

XF23mmF1.4 R

「富士は撮って出しでそのまま使える」と言われることが多いです。たしかに良い色が出ています。

色ノリも良く、シャープですし、光沢感や質感はリアルよりも良いんじゃないかと思ってしまうくらいです。

XF23mmF1.4 R

 

もう少し大きく写したいこともある

XF23mmF1.4 R

街を歩いていると猫に出会えました。思わずカメラを向けたくなるシーンです。

しかしフルサイズ換算で35mmだとあまり被写体を大きく写すことができません。ぐっと近づくと逃げられてしまうことも多く、こうした時には望遠レンズを使いたくなります。単焦点なのでそれは望めないですね。

最短撮影距離は0.28m、最大撮影倍率が0.1倍とそれほど寄りの撮影には強くありません。個人的にはこれが残念なポイント。

 

XF23mmF1.4 Rのメリット

  • 使いやすい万能な画角
  • 柔らかいボケでふんわり撮れる
  • 表現力が豊か
  • 失敗してもストーリーを楽しめる
  • 所有欲を満たしてくれる

 

解放絞りがF1.4なので、ボケが好きな人は使っていて楽しいレンズだと思う。夕方以降や室内での撮影でもシャッタースピードが稼げますし、手持ちでも結構撮れます。

解放でもシャープだから、広角気味のポートレートとか撮るのも面白そう!富士フイルムのカメラは肌の色も綺麗に出るし、やわらかい描写とあいまって子供がますますかわいく撮れてしまう・・ああぁどうしよう(笑)そんな魔法のレンズです。

 

XF23mmF1.4 Rのデメリット

  • あまり寄れない(大きく写せない)
  • 絞りリングが軽い
  • 防塵防滴ではない
  • サイズが大きく高値である

 

もう少し「大きく撮りたい」を叶えられないところが残念ではあります。それでも万能感のほうが強く感じるので、個人的には目をつぶれるレベル。

気になるのが絞りリングが軽くて開放で撮ったつもりなのに・・・なぜ?ということがありました。これはしっかりとモニターで数値を確認すれば防げる話ですが・・・余裕ないときってありますもん。

ズバリこんな人におすすめ!

こんな人は使ってみて
  • レンズ1本で色々撮影したい人
  • 万能感のあるレンズが欲しい人
  • 画質に定評のあるレンズを使いたい人
  • 室内ポートレートを撮りたい人

 

写真を見返した時に「おっ?」と思う瞬間があると思うのですが、僕の場合XF23mm F1.4 Rで撮影した写真で目が止まることが多いです。

明るいレンズなので室内撮影にも向きますし、クリスマスや誕生日、七五三などなど子供のイベントにもピッタリです。作例はそんな写真ばっかりなので公開できないのが残念!(プライベート写真は出さない主義なので…)

開放のふわふわした雰囲気も好きですし、少し絞ってキリリと撮るのも良い。富士フイルムのベストレンズだ!って言う人も少なくない人気のあるレンズです。もっともっとXF23mm F1.4 Rで撮影した写真を増やしていこうと思います!

商品リンク

FUJIFILM  XF23mmF1.4R
Amazon楽天市場Yahooショッピング カメラのキタムラ
レンズフィルター 62mm
Amazon楽天市場Yahooショッピング カメラのキタムラ

おすすめ関連記事

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなようにカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro2を愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.