カメラのこと、写真の撮り方、絶景、日記などを気ままに書いてるブログ

FUJIFILMのX-T2のレンズキットはお得なのか?

 
  2017/12/05
はるか
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら

カメラを購入しよう!

本体は決まったけどレンズは?キットレンズって本体に一緒についてくるけど性能的にどうなの?

FUJIFILMX-T2についてくるレンズで解説してみます。

スポンサーリンク

X-T2のキットレンズ

 

突然ですがX-T2は素晴らしいカメラです(笑)

そんなX-T2を検討しているあなたなら「レンズキットはお得なのか?」という疑問にはある程度答えを見出していると思います。

それでもあえて記事にしたのは「僕が書いてみたかったから」(笑)そんな自己満足の記事ですが、よければお付き合いください。

キットレンズの使用歴と、今は手放してしまった経緯も合わせて書いてみたいと思います。

ネコ弟子
レンズつきはきっとお得にゃ
はるペン
そうでもないかもよ?
ネコ弟子
キット(お得)って意味じゃにゃいの?
はるペン
全然違う

XF18-55 F2.8-4 R OIS

 

キットレンズでついてくるのは「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」というレンズです。

特殊なレンズ(非球面3枚・異常分散レンズ1枚)を使って作れられているので性能としては申し分ないです。他社のキットレンズでよくついてくるレンズよりは一枚上手だと思って良いでしょう。

フルサイズ換算で27-84mmと使いやすい焦点距離と、Xマウントのズームレンズとしては割と小型で使いやすかったです。

【基本性能】

レンズ構成 10群14枚
焦点距離 18-55(27-84mm)
開放絞り F2.8 – F4.0
絞り形式 9枚(円形)
最大撮影倍率 0.15倍(テレ端)
最短焦点距離 0.3m
フィルター径 58mm
サイズ ø65.0mm×70.4~97.9mm(テレ端)
重量 310g

それでは作例を見ながら性能をちょっとづつ見ていきましょう。

ネコ弟子
楽しみにゃ

作例

▼まだ春先だったにも拘わらず、赤い紅葉を発見。望遠側での撮影だけど、背景も良い感じにボケてくれて玉ボケも発生。ボケがうるさい感じでもなく好印象。

▼シャドウ部を落として、キリっとした印象に仕上げた。解像している部分の質感が良い感じ。FUJIFILMらしい鮮やかな色が出てくれている。

▼ややソフトフォーカス気味に撮影(単なるピンボケ?)黄色は下手をすればノッペリと塗ったような描写になりがちだけど、回避できている。

 僕がX-M1ではじめて、XF18-55を使った時の写真を引っ張り出してきました。レンズに不慣れな状態で撮影すると「こうなるよ」という写真達です(笑)

上手い下手はおいておいて、色や解像度、ボケ感などある程度のラインはクリアしていると思います。

僕はこのレンズを使いながら、単焦点レンズなどを増やしていきました。結果として「Xマウントに移行しても問題はない」という判断からNIKONのフルサイズ機を手放しました。

最終的には本腰を入れるためにXF16-55へと格上げをしました。

スポンサーリンク

予算

(2017年8月現在)

レンズキット=18万円

単体購入=14万円(ボディ)+5.5万円(レンズ)⇒19.5万円

 

比べるまでもなかったですがレンズキットのほうが安いですね(笑)

おそらく購入を考えている人の中には、予算20万円程という方もいらっしゃるでしょう。レンズキット+単焦点なら、無駄がなく賢い買い方なのかもしれませんね。

では他にも賢い買い方があるのか??

ボディのみ購入なら、6~8万円程度はレンズに予算を回せます。そのあたりで落としどころを探ってみましょう。

他の組み合わせ

Xマウントで予算が6~8万円だと、レンズは1~2本という構成になります。このあたりの記事が参考になるでしょう。

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・Xマウントで写真を撮るなら?人気のレンズ5選

 

レンズ1本なら、XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRがとにかく便利です。広角好きならXF10-24mmF4 R OISを使えば、ギリギリ標準域の撮影も可能でしょう。

単焦点派なら上手く予算を組めば2本はレンズを購入できる可能性があります。

最終的に僕が導き出した結論は・・・

 

キットレンズ+単焦点+MCEX-11

MCEX-11

 

1万円程でマクロ的な撮影が楽しめてしまう優れもの!一個もっといても損はしません。僕はより倍率の高い「MCEX-16」も持っていますが、こちらのほうが使い勝手が良いです。

レンズ関連記事はこちら

・XF35mmF1.4は神レンズなので売却しました

・FUJIFILM XF60mmF2.4 R Macro レビュー

・FUJIFILM XF90mmF2 R LM WR レビュー

・FUJIFILMのレンズを「1本」選ぶなら

・FUJIFILMのレンズを「2本」選ぶなら

・FUJIFILMで最高の3本の組み合わせ

・Xマウントで写真を撮るなら?人気のレンズ5選

・FUJIFILM X-T2で登山!おすすめのレンズ5選

 

まとめ

レンズキットでの購入はお得感あり!

XF18-55は使い勝手の良いレンズですし、ズームレンズにしてはなかなかの写りをします。はじめてレンズ交換式のカメラを買う方はもちろん、FUJIFILMへの移行を考えている人の登竜門的なレンズとしては価値がると考えます。

実際に僕もステップアップでXF16-55を買うまではよく持ち歩いていました。

キットレンズと単焦点+MCEX-11の構成で組めば、かなり撮影範囲をカバーできます!僕はそれで半年くらいしのいでました(笑)

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか

はるか・子持ちの♂

『写真関連の職についた経験から、カメラやレンズのレビュー、新製品のチェックが日課に。自ブログでは難解な用語を避け「楽しく」「簡単に」をモットーに記事にしている。作品は無加工で、カメラの機能だけで仕上げています。FUJIFILMのXマウントが大好物。』

詳しいプロフィールはこちら



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるかめら , 2017 All Rights Reserved.