(元はるかめら)富士フイルムのカメラやレンズ、編集用パソコン、写真情報発信ブログ

「XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」レビュー!キットレンズなのに高画質

はるか
WRITER




この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなようにカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro2を愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS レビュー

こんにちは(harucamera33)です。

富士フイルムのユーザーになると「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」に触れる機会は少なからず出てきます。カメラはレンズとセットで販売されることも多いことから、販売店で触れる機会も多いでしょう。

キットレンズと言えば、あえて性能を突き詰めず「持ち出しやすさ」「軽量さ」などの使い勝手が求められがちです。そのため画質はちょっと物足りないこともしばしば・・・しかし富士フイルムの場合は違います!

その理由がわかるように「XF18-55mmF2.8-4 R LM OISのレビュー」を書いて、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

XF18-55mm F2.8-4 R LM OISのレビュー

僕が富士フイルムにマウント替えをした時に、最初に手に入れたレンズの一本がXF18-55mmF2.8-4 R LM OISでした。軽量なズームレンズなので、持ち歩いていても負担が少なく、描写も申し分ありません。

まずはデザインを見ていきましょう。

 

XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの外観写真・特徴

キットレンズにしては高品位で満足度が高い

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 写真

XF18-55mmの素材は金属で、品質の高さが伝わってきます。サイズ感がちょうど良いというか、富士フイルムのミラーレスカメラならどれにつけてもマッチするのが好印象です。

解放絞りがF2.8からスタートするので、他社のキットレンズよりも明るいのが特徴です。ボケを強調したり、シャッタースピードを稼ぎたい時にも有効です。(F3.5-5.6あたりが相場です)

 

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 写真

ズームしたところ

キットレンズで販売されているレンズの中には、ズームのトルク感がなくスカスカしている物もありますが、XF18-55は適度な感触があります。高級レンズほどではないにせよ、ズーミング時の操作感、ぴたりと止めれる感触は得られます。

 

フィルター系は58mm

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 写真

フィルターは58mm

レンズの顔には情報がたくさん。フィルター径は58mmなので保護フィルターも同径のものを選びましょう。フレアやゴーストを抑えるスーパーEBCコーティングの刻印もありますね。

 

手振れ補正スイッチをONにしましょう

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 写真

OISの記載は手振れ補正を意味しています。ONにすることで4段分の手振れ補正効果を得られます。富士フイルム場合、X-H1以外はボディ内に補正機構をもたないためXF18-55のようなレンズは有効です。

絞り優先モードで使いたい時は、横のボタンをAではない方向に合わせます。これで絞り環によるマニュアル操作が1/3EVステップで可能になります。ボケを操作するとカメラを操っている感じが出てきて撮影もより楽しくなるので、カメラに慣れてきたころに色々さわってみることをおすすめします。

 

フルサイズより圧倒的に軽量!X-T3との組み合わせ

X-T3+XF18-55の写真

X-T3とXF18-55を組み合わせても、800gほどしかありません。

フルサイズのレンズでF2.8、F4通しのクラスになると、レンズだけでも同じくらいの重量になります。重たいフルサイズ一眼から解放されたかった身からすれば、有難いとしか言いようがありません。

これから写真をはじめようかな?という人でも選びやすいサイズ感だと思います。

 

X-T3+XF18-55の写真

上からのルックスも最高

どうですこのルックス?めっちゃカッコよいと思います。カメラを持ち出している間も、机に置いていてもご機嫌に過ごせるクオリティ。

 

XF18-55のフード

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS フード

フードは広角単焦点レンズのXF14mmと共用。樹脂製の素材になっています。

スポンサーリンク

 

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISのスペック・性能

レンズ構成10群14枚
焦点距離18-55(27-84mm)
開放絞りF2.8 – F4.0
絞り形式9枚(円形)
最大撮影倍率0.15倍(テレ端)
最短焦点距離0.3m
フィルター径58mm
サイズø65.0mm×70.4~97.9mm(テレ端)
重量310g
価格

XF18-55は特殊なレンズ(非球面3枚・異常分散レンズ1枚)を使って作れられているので、性能としては申し分ないです。他社のキットレンズよりは一枚上手だと思って良いでしょう。

フルサイズ換算で27-84mmと使いやすい焦点距離と、Xマウントのズームレンズとしては割と小型です。それでは作例を見ながら性能をちょっとづつ見ていきましょう。

ネコ弟子
楽しみにゃ

 

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISの作例

春先だったにもかかわらず、赤い紅葉を発見!望遠側(55mm)を使うことでボケを強調してみました。ボケも割と自然で、硬さは感じません。

 

シャドウ部を落として、キリっとした印象に仕上げた。解像している中央部分の質感が良い感じ。FUJIFILMらしい鮮やかな色が出てくれている。

 

XF18-55 花

エテルナで撮影

フイルムシミュレーション「ETERNA」を使って撮影。設定は初期のままですが、落ち着いた表現を見せてくれました。XF18-55の近接撮影能力は、最大撮影倍率が0.15倍と高くはありませんが気軽に使う分には良いかと思います。

 

XF18-55 作例

上手い下手はおいておいて、解像度、ボケ、色乗りといった表現力は比較的高く、手振れ補正効果や軽量サイズも相まって非常に使いやすいレンズに仕上げていると感じます。

僕はこのXF18-55を使いながら、少しづつ単焦点レンズを増やしていきました。それができたのも、ベースとなる標準ズームレンズに総合力の高いXF18-55がいてくれたおかげだと思っています。

結果として「Xマウントに移行しても問題はない」「むしろ移行したい」という判断に至り、NIKONのフルサイズ機を手放しました。

そしてある程度レンズがそろってから、最終的に本腰をを入れるためにXF16-55へと格上げをしました。

 

【比較】XF18-55、XF16-55どちらがおすすめ?

XF8-55は満足度が高いレンズですが、立ち位置的にはエントリー向けモデルのXCシリーズとフラッグシップのにはさまれた中間的なポジションです。そのため「どれを買えばいいの?」という悩みがあるかもしれません。

XC15-45XF18-55XF16-55
焦点距離15-4518-5516-55
F値F3.5-5.6F2.8-4F2.8
手振れ補正約3段約4段なし
重さ135g310g655g
フィルター径52mm58mm77mm
クラスエントリーミドルフラッグシップ

この記事を読んでいる人なら、動画で電動ズームが必要という人はエントリーモデルのXCレンズを選択する理由はあまりないかと思います。

となれば必然的に「XF18-55かXF16-55どっちを選ぶ?」になります。XF16-55は単焦点に匹敵するくらいのレンズだと言われていますし、全域でF2.8という明るさも魅力的です。しかし重さ、価格が倍近くになるため、選びにくいというのが本音かと思います。

僕はたまに依頼をもらって写真を撮影することもあるのでXF16-55に買い替えしましたが、そのような理由がない限りはXF18-55で充分だと思います。実際に僕はX-H1を購入するまでXF16-55の重さが億劫で持ち出す機会が少なかったです。

個人レベルの楽しみとして使うなら、軽量なほうが持ち出しやすいですし、手振れ補正もあったほうが良いでしょう。価格的にも手をだしやすいXF18-55は、個人的にはおすすめしやすいレンズだと思います。

もし悩むとしたら、XF18-135と悩んだほうが良いかもしれません。こちらは防塵防滴で、手振れ補正も約5段と強力、望遠にも強くなって、価格差は3万円ほどです。

 

まとめ

XF18-55は高品質で使い勝手の良いレンズですし、ズームレンズにしてはなかなかの写りをします。はじめてレンズ交換式のカメラを買う方はもちろん、FUJIFILMへの移行を考えている人の登竜門的なレンズとしては価値があると思います。まさに最初の1本に最適なレンズですね。

カメラとレンズを別で買うより、キットレンズとして購入したほうがお得になるケースが多いので、よく比較して購入を検討してみてください。また、中古市場で程度の良い物もよく見かけるので、抵抗がないようでしたらそちらもチェックすることをおすすめします!

商品リンク

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Amazon楽天市場Yahooショッピング カメラのキタムラ

おすすめ記事

ネコ弟子
次の1本を探すのにゃ

参考になれば嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
はるか
好きなようにカメラの情報を発信しつつ、ゆるふわ写真を撮ってる「はるか」です。富士フイルムのカメラが好きでX-H1、X-Pro2を愛用中。子供の写真や花を撮ってます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© はるふれ , 2019 All Rights Reserved.