僕が愛する【FUJIFILM X-T2】を徹底レビューしてみようと思う

【FUJIFILM X-T2】を徹底レビュー

FUJIFILMが好きだ!

Xシリーズが好きだ!

と言ってきた割には「色が良い」くらいしか説明していなかった気がします(;´∀`)

感性に訴えかけるカメラなのでこの表現は間違いではないんです。ただこの「感性」の部分をもう少し具体的にすることできっと役立つ情報となるはず!

僕のFUJI愛がみなさんに届くことを期待します。

 

XシリーズはX-Pro1から始まった

Xシリーズの歴史は2012年のFUJIFILM  X-Pro1 からスタートしている。

これまでになかった光学・電子両方の特性を備えたファインダーである「ハイブリッドマルチビューファインダー」を搭載し鮮烈デビューとなった。

こんな長ったらしい名前をつけられたら、僕みたいな人間は一瞬で恋に落ちる。響きだけで「なんか素敵やん?」と感じてしまうからだ。

実際にスタイリッシュなデザインが受けて、スナップ愛好家、ハイアマチュアにウケた。

X-Pro2ではなくX-T2を選んだ理由

ちなみに僕がXの歴史をスタートさせたのがFUJIFILM  X-M1だ。一緒に買ったレンズは神レンズと名高いFUJIFILM XF35mmF1.4 R

正直このセットだけで、かなりご機嫌な写真が撮れる。少しキシキシする電源ボタンを除けばだが・・・

▼こんなファンキーな写真が撮れる

Xシリーズの良さは「色」

何と言っても最初に感動したのが「色」で、難しい設定をしなくてもココロに刺さる写真がビシバシ撮れる。

ダイナミックレンジを400%まで上げれば、真白だったはずの空にうっすら青がのる。思わず液晶を二度見してしまったのを覚えている。

その後に妻がFUJIFILM  X-E2 を購入した。標準ズームレンズのFUJIFILM  XF18-55mmF2.8-4 R OISが付いた中古品だった。

中古の割に状態も良く、X-Pro1のようなスタイリッシュなカメラだった。

EVFでカメラの設定が反映される

電子式のファインダーのメリットとして仕上がりのイメージが掴みやすい事があげられる。

写真に精通した人に限らず「良い写真が撮りやすい」というメリットになっている。

FUJIFILMのXマウントに乗り換えた

それまではNikonのフルサイズカメラを使っていて、レンズも数本所持していた。その後に発売されたX-T10から本格的にXマウントに乗り換えた。

 

僕にはフルサイズを捨てる魅力がXシリーズにはあると感じたからだ。

NIKONのフルサイズを手放してミラーレスを選んだ時の話

リアルユーザー5人の声

あまりにFUJIFILMの評判が良くて、知らない間にユーザーが増えまくっていた。せっかくなので「使ってみた感想」を5人に聞いてみた。

みんな同じように口をそろえて「画質が良い」と答えているのが印象的だった。僕もその意見に異論はない。

part1:男子学生との対談

part2:男性会社員

part3:女性会社員

part4:男性会社員

part5:セミプロ男性

【FUJIFILM X-T2】ユーザーに使ってみた感想を聞いてみました (対談を終えて)

X-T1の魅力

FUJIFILMのミラーレスの人気に火がついたのはFUJIFILM X-T1からじゃないだろうか?

像面位相差センサーを搭載し、AFの高速化や撮影スタイルを煮詰めたカメラだ。

ミラーレスカメラの割りに大型に見えるシステムには「画質」にこだわり抜いた結果だと感じる。

フイルム時代のように絞りをレンズで変更するスタイルは、写真を撮っている気にさせてくれる。道具は使ってこそ!「使う楽しみを」与えてくれるカメラは希少だ。

レンズも次々に開発され、スキのない品ぞろえになってきた。「FUJIのレンズにハズレ無し」と言わせる程の高性能なレンズ達は写真を撮ることの楽しさを教えてくれる。

さらにデジタルらしいファームアップを重ね、次第にシステムとしての熟成を重ねていった。

タッツー先生
なるほどぅ

X-T2の魅力

そんなX-T1も不満がなかった訳ではなかった。

他社メーカーと比較するとのんびりしているとしか言えないAF。押しにくいのロック解除ボタンのせいでISO感度を変える際に慌てることもあった。X-T2ではこれらは改善している。

X-T2とX-T1ではどのくらいAF速度が違うのか?

X-T2を買えばフルサイズカメラはいらないよ?って話

フォーカスレバーが追加され、ポイントを指定しやすくなったのが嬉しい。

個人的に一番うれしかったのがEVFの輝度が上がったこと。

明るい写真を撮ると、X-T1では画面が真っ白になることがあった。シャッターを切ると色が戻ってくるという楽しさはあったが、仕上がりが想像できないという欠点もあった。ついでにブラックアウトの時間も減っている。

大好物の明るい写真が撮り放題!くうぅぅうぅ!!

ネコ弟子
ししょー壊れた?

▼チューリップあえて副題にする構図

他にもパワーアップ

・画素数アップ

・4k動画対応

・フイルムシミュレーションにASTIA追加

・バッテリーグリップでBOOSTが可能

これらの正統進化は人によっては買替の十分な理由になるだろう。写真の仕上がりを見てもX-T1に比べてレベルアップしているのは感じる。

ノイズは少ないし高精細な画像が得られているという実感がある。

X-T2とX-T20はどちらが買いなのか?

 

Xマウントで使いたいレンズ

⇒Xマウントで写真を撮るなら?おすすめの人気レンズ5選!

⇒はじめて買うレンズでおすすめは?

⇒ちょっと本気なレンズの組み合わせ2本でおすすめは?

⇒Xマウントで最高の3本の組み合わせは?

レンズレビュー

⇒XF60mmF2.4 R レビュー!

⇒ XF90mmF2 R LM WRは尋常じゃないキレだった!

 

まとめ

X-T2はいつでも連れて歩きたい名機

結局は自分の気持ちの良い撮影ができるかどうか?が趣味として長続きするかの分かれ目になる。

Nikonのフルサイズを使っていた時に感じていた、スペック主義や、画質のみの追求などの雰囲気にはやや疑問を感じるからだ。決してフルサイズが悪いという意味ではない。

ほとんどの人にとって写真は趣味だ。それを楽しくしてくれるというカメラはそう多くない気がする。X-T2は間違いなくそれを可能にしてくれる。

Xマウントで写真を撮るなら?使いたいレンズをランキング

Xマウントのレンズで3本だけ選ぶなら?

女子力満載のふんわり写真を撮る方法

参考になれば嬉しいです。

はるペン
X-T2は名機です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。